サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 福岡雄吉郎の最新刊
    好評発売中! 「社長の賢い節税」(著:福岡雄吉郎、発行:日本経営合理化教会) 社長が賢い節税をせずして、会社にも、社長にも、お金を十分に残すことはできません。数々の現場での、あっと驚く事例をもとに、お金を残すための具体策を、余すところなく披露します。

福岡雄吉郎 出版記念セミナーのお知らせ!

  • 福岡雄吉一郎 出版記念セミナーのお知らせ
    「社長の賢い節税」出版を記念とした、税務対策セミナーです。 5月25日(大阪)、28日(東京)にて開催します。 ゲスト講師も登壇予定です。 詳細は追って連絡いたします。 主催:日本経営合理化協会

相続対策セミナーのお知らせ

  • 相続対策セミナーのお知らせ
    2021年度の日程が決定しました。6月8日(火)東京・オンライン、6月22日(火)大阪。 主催:日本経営合理化協会 詳細は追ってご連絡いたします。

古山喜章CD お金が残る決算書「100の打ち手」発売!

  • お金が残る決算書「100の打ち手」発売!
    1話5分完結で全100話収録! 会社を強くする決算書にするための具体策を、節税対策、銀行対策、危機対応、業種別対策など、7つの側面から、実例を交えて語ります。 移動時・在宅時などのすきま時間に、ぜひご活用ください。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月27日 (金)

行列のできる商品づくり

みなさん、はじめまして。ICOグループの内藤秀治です。

テレビを見ても、新聞を読んでも「売れない、売れない・・・」の大合唱。

売れているのは、ユニクロ、マクドナルド、インスタントラーメンなどの低価格品のみだとか・・・。

しかし、高額品、高級品でも売れている事例はあるのです。
産地農園こだわったスペシャルティコーヒー、つくりかたにこだわったバウムクーヘン、昨年オープンした東京ディズニーランドホテル、などなど・・・。

今、どうすれば「売れる商品」になるのかを研究をしています。いわば行列のできる商品の研究です。
そして、行列のできる商品には共通の条件があることがわかりました。

それは、

1.今、ここでしか手に入れることができないこと
  ・数量限定・期間限定・場所限定

2.待ち遠しさを演出すること
  ・待ちに待った・・ 目新しさ、今までにないもの

3.並んででも購入したいと思わせるコストパフォーマンスがあること

4.商品・業界・地域でオンリーワンまたは圧倒的No.1(卓越性)であること

5.その存在が知られていること
  ・マスコミの紹介
  ・口コミ、お薦めなど

要するに、「今、ここで買いたい!」と思わせる仕掛けをつくらなければならないのです。

「売れない、売れない」と言う前に行列のできる仕掛けをつくっているかをもう一度点検しましょう。

2009年2月18日 (水)

「崖の上のポニョ」経営

古山喜章です。

先日、経営に取り組む若きメンバーが集まり、ビジネスゲームを行いました。4人でひとつの会社を設立し、経営シミュレーションで会社経営を行い、業績の優劣を競います。

まる2日間かけて、6社で競い合います。同じスタートラインからの出発でも、さまざまな意志決定によって、業績を伸ばす会社、そうでない会社、なかには残念ながら倒産に至る会社もあります・・・。

倒産に至るには、それなりの経緯があります。意志決定が取り巻く経営環境に合っておらず、気がつけば業績低迷に陥り、まるで崖の上をさまようようになります。そしてあるとき、崖からポニョッと落っこちてしまいます。

それを称して、倒産した企業の経営スタイルを「崖の上のポニョ」経営と名付けました。

そういえば、あの歌詞を覚えていますか?

♪ポ~ニョ、ポ~ニョポニョ さかなの子♪

そうです。さかなの目線で経営しますから、遠くが見えず、目先にとらわれてしまいます。

そしてその結果、

♪ま~かっかの、ポ~ニョ、ポ~ニョポニョ さかなの子♪と、業績はまっ赤っかになっていくのです。(怖い歌詞ですね~)

昨年、「崖の上のポニョ」は映画も歌も大ヒットし、日本国中が大合唱となりました。歌って踊っている間に、日本国中にまっ赤っか企業が急増しました。

目先にとらわれず、トンボの複眼目線や、高い視座から見る鷹の目線を用いて意志決定し、「崖の上のポニョ」にならぬようにしていきたいものですね。

2009年2月 9日 (月)

意外に知らない雇用保険加入条件

古山喜章です。

早期退職や人員削減が増えるなかで、失業保険の運用が高まっています。

その財源となるのが、雇用保険です。

ところで、現在、雇用保険への加入が求められているのは、1週何時間以上の労働者かご存じですか?

先日、このようなことがありました。

=私  =先方

「わが社では、アルバイトの雇用保険非加入対策として、それぞれの月間労働時間が110時間になるように管理しています。」

「えっ?それって、もしかして・・・」

「そうです。加入条件は週30時間以上の労働者ですから、1ケ月110時間なら、1週当たり30時間以下になり、加入しなくてもいいからです。」

「その条件は改正されて、週20時間になったのを知っていますか???」

「え、え、えっ、そうなんですか??」

「平成19年の10月に改正されてますよ」

「じゃぁ、月80時間以上が加入条件なんですか!」

そうです。1週あたりの労働時間が、かつては30時間以上だったのが、20時間以上に改正されました。平成19年10月のことです。こちらをどうぞ。

知っている人にすれば当たり前のこと。

しかし、週30時間以上の時代が長かったせいか、いまだにご存んじでない方が多くいらっしゃいます。

特に、人事労務の専任担当者が不在の中小企業で、多く見受けられます。

一度、自社の管理状況を確認してみてください。

とはいうものの、

月80時間未満に管理をし、雇用保険に加入せず、保険料を支払わないのがいいのか。

社会保険の加入条件枠内(正社員の4分の3以下の労働時間)で管理するのがよいか。

そんなことは気にせず、週80時間以上なら加入するのがよいのか。

管理項目が増えれば、関連コストもおのずと増えます。

何が何でも雇用保険料を支払わない!ということのみにとらわれず、経営にとって全体最適な加入をお考えください。

開設しました!

アイ・シー・オー コンサルティング メンバーによる、リレーブログを開設しました。

森垣英和(代表取締役)

古山喜章

内藤秀治

の3名で、経営に関する情報を発信していきます。

トップページ | 2009年3月 »

おすすめブログ

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック