サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

相続対策セミナーのお知らせ

  • 相続対策セミナーのお知らせ
    相続対策セミナーの日程が決定しました。 6月26日(水)東京、6月28日(金)大阪 主催:日本経営合理化協会 講師:古山喜章、福岡雄吉郎 詳細&お申し込みは改めてお知らせいたします。

ICO新刊発売のお知らせ!

井上和弘「経営革新全集」10巻完結記念講演会 CD発売!

  • 井上和弘「経営革新全集」10巻完結記念講演会 CD発売!
    2023年7月に開催され大好評を得た、井上和弘の記念講演セミナーを完全収録!全集のエッセンスを凝縮してお届けします! 移動中などにお聞きいただき、学びを深めてください。 動画でも視聴できるよう、購入者専用アクセスコードも入っております。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 経営の何してまんねん(その6) | トップページ | テレビ電話の活用 »

2009年5月29日 (金)

中小企業の悲哀

こんにちは。内藤秀治です。

昨日、4月の自動車国内生産台数の発表がありました。
主要メーカー8社の発表では、4月の国内での生産台数は前年同月比で45.9%減の約47万台だそうです。
アメリカではGMの経営破たんが避けられない状況ですが、わが国では「新型プリウスの申し込みが10万台を超えた」とか「在庫調整が進んでいる」との情報も入ってきてきています。また、中国やヨーロッパの需要も拡大しているようです。
ここしばらく一進一退が続くのではないかと見ています。

自動車業界は下請構造が階層化しており、多くの中小企業が自動車部品等の製造に携わっています。

先日、中小企業で自動車部品メーカーの社長とお話をする機会がありました。
「昨年後半からの景気悪化によって生産量は前年対比50~60%になった。」
「役員報酬をカットするなど必死にコストダウンに励んできた。」
「ここにきて、少しずつではあるが仕事量が増加しつつあり、先行きの光も見え始めてきた。」
と一息ついていた矢先、顧客から調達先を中国の工場に切り替えるとの一方的な通達があったそうです。
「今まで必死になってコストダウンに励み、運命共同体と思って、顧客の言われるままに歯を食いしばって頑張ってきたのに・・・。」
何の相談もなく、なりふり構わない顧客の態度に憤慨しているとのことでした。
中国と価格競争するには30%のコストダウンが必要であるとのことです・・・・。

大企業はコストしか見えなくなっています。
下請型の中小企業は、コスト競争に巻き込まれない価値の高い製品づくりを急がなくてはなりません。

「そこに気付いただけでも、よかった。」その社長の言葉でした。

« 経営の何してまんねん(その6) | トップページ | テレビ電話の活用 »

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中小企業の悲哀:

« 経営の何してまんねん(その6) | トップページ | テレビ電話の活用 »

2024年 ご挨拶動画

おすすめブログ

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック