サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 福岡雄吉郎の最新刊
    好評発売中! 「社長の賢い節税」(著:福岡雄吉郎、発行:日本経営合理化教会) 社長が賢い節税をせずして、会社にも、社長にも、お金を十分に残すことはできません。数々の現場での、あっと驚く事例をもとに、お金を残すための具体策を、余すところなく披露します。

福岡雄吉郎 出版記念セミナーのお知らせ!

  • 福岡雄吉一郎 出版記念セミナーのお知らせ
    「社長の賢い節税」出版を記念とした、税務対策セミナーです。 5月25日(大阪)、28日(東京)にて開催します。 ゲスト講師も登壇予定です。 詳細は追って連絡いたします。 主催:日本経営合理化協会

相続対策セミナーのお知らせ

  • 相続対策セミナーのお知らせ
    2021年度の日程が決定しました。6月8日(火)東京・オンライン、6月22日(火)大阪。 主催:日本経営合理化協会 詳細は追ってご連絡いたします。

古山喜章CD お金が残る決算書「100の打ち手」発売!

  • お金が残る決算書「100の打ち手」発売!
    1話5分完結で全100話収録! 会社を強くする決算書にするための具体策を、節税対策、銀行対策、危機対応、業種別対策など、7つの側面から、実例を交えて語ります。 移動時・在宅時などのすきま時間に、ぜひご活用ください。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 当たり前のことをほめているか | トップページ | 計画と実績の許容誤差 »

2009年9月24日 (木)

企業再生支援

ICOグループの株式会社ナイトウ経営の内藤秀治です。


すっかり秋も深まってきましたね。

今日のニュースを見ていると、PHS大手のウィルコムが事業再生手続きに入るとのことです。また、消費者金融大手のアイフルもADR(裁判外紛争解決)を受理されたとも発表がありました。

昨年のリーマンショック以来、私のところにも企業再生を支援してほしいとの依頼が急増しています。

売上高が減少し、資金繰り難から借入金が過大になり、返済の目処が立たなくなり、調整役としての第三者の力が必要になるからです。

企業再生のために欠かせないのが、デューデリジェンス、略して、デューデリー(DD)。最初はインドの地名かと思いました。

DDとは企業の資産などを適正に評価手続きのことで、その企業の収益力や価値、リスクなどを詳細に調査し評価することです。

私はこのことを「現状認識」と呼んでいましたが、企業再生の世界ではDD。
DDをもとに、企業再生計画を立案するのが次のステップです。

企業再生計画をつくる前提は、営業キャッシュフローがプラスになること。少しくらい負債が過大であっても営業キャッシュフローがプラスであれば、金融機関は協力してくれます。しかし、これがマイナスだと計画になりません。

したがって、再生計画を立てるためにはどんなことをしても営業キャッシュフローをプラスにしなければならないのです。
そのためには、経営者は鬼にならなければ前に進みません。企業再生計画とは覚悟の計画のことなのです。

« 当たり前のことをほめているか | トップページ | 計画と実績の許容誤差 »

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 企業再生支援:

« 当たり前のことをほめているか | トップページ | 計画と実績の許容誤差 »

おすすめブログ

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック