サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

相続対策セミナーのお知らせ

  • 相続対策セミナーのお知らせ
    相続対策セミナーの日程が決定しました。 6月26日(水)東京、6月28日(金)大阪 主催:日本経営合理化協会 講師:古山喜章、福岡雄吉郎 詳細&お申し込みは改めてお知らせいたします。

ICO新刊発売のお知らせ!

井上和弘「経営革新全集」10巻完結記念講演会 CD発売!

  • 井上和弘「経営革新全集」10巻完結記念講演会 CD発売!
    2023年7月に開催され大好評を得た、井上和弘の記念講演セミナーを完全収録!全集のエッセンスを凝縮してお届けします! 移動中などにお聞きいただき、学びを深めてください。 動画でも視聴できるよう、購入者専用アクセスコードも入っております。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 上司の目線で考えてみる | トップページ | 営業で放っておけば増えるもの、減るもの »

2009年9月 7日 (月)

「できない」からこそ取り組む

古山喜章です。

この時期、下期経営計画の見直しをする機会がよくあります。
経営環境は厳しいというものの、守りだけでは勝機は見えてきません。

こちらとしては、計画のなかにチャレンジ的な、攻めの要素を組み込みたいところです。
すると、こういう言葉がよくでてきます。
「いやぁ、それはできないです」
「前からやってますけど、難しいです」
などなど・・・。

要は「できない」というわけです。

でもそれは、正しく言えば、「今までのやり方ではできない」もしくは「今すぐにはできない」というだけなのです。

ならば、違う方法を考え、やってみればいい。
一歩ずつ、実現へ向けて進んでいけばいい。

大体、そんなに簡単にできれば何も苦労はないわけです。
今までにないサービスや価値を生み出し、ライバルより一歩前に出る。
そのためには、「できない」ことこそ真っ先に取り組まなければならないはずなのです。
今までのやり方ではできないし、今すぐにはできないのですから。

一歩先を行く企業はことごとく、この「できない」ことに、常に取り組んでいます。
その努力を惜しまずに取り組まなければ、明るい光はどこまでいっても見えてきません。

時代の渦に飲み込まれず、自力で這い上がっていくには、「できない」と思い込んでいることを「できた」に変えていくのが一番の近道なのです。

« 上司の目線で考えてみる | トップページ | 営業で放っておけば増えるもの、減るもの »

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「できない」からこそ取り組む:

« 上司の目線で考えてみる | トップページ | 営業で放っておけば増えるもの、減るもの »

2024年 ご挨拶動画

おすすめブログ

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック