サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 福岡雄吉郎の最新刊
    好評発売中! 「社長の賢い節税」(著:福岡雄吉郎、発行:日本経営合理化教会) 社長が賢い節税をせずして、会社にも、社長にも、お金を十分に残すことはできません。数々の現場での、あっと驚く事例をもとに、お金を残すための具体策を、余すところなく披露します。

福岡雄吉郎 出版記念セミナーのお知らせ!

  • 福岡雄吉一郎 出版記念セミナーのお知らせ
    「社長の賢い節税」出版を記念とした、税務対策セミナーです。 5月25日(大阪)、28日(東京)にて開催します。 ゲスト講師も登壇予定です。 詳細は追って連絡いたします。 主催:日本経営合理化協会

相続対策セミナーのお知らせ

  • 相続対策セミナーのお知らせ
    2021年度の日程が決定しました。6月8日(火)東京・オンライン、6月22日(火)大阪。 主催:日本経営合理化協会 詳細は追ってご連絡いたします。

古山喜章CD お金が残る決算書「100の打ち手」発売!

  • お金が残る決算書「100の打ち手」発売!
    1話5分完結で全100話収録! 会社を強くする決算書にするための具体策を、節税対策、銀行対策、危機対応、業種別対策など、7つの側面から、実例を交えて語ります。 移動時・在宅時などのすきま時間に、ぜひご活用ください。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 企業再生支援 | トップページ | 部下ができることをリーダーがやるな! »

2009年9月25日 (金)

計画と実績の許容誤差

ICOの森垣英和です。

計画と実績は一致させなければならない、計画即実績である。
予実一致経営が計画経営の大原則。それが多くの会社でうまくいっていない。

累計の予実差異は絶対に発生させない。
そのために単月で毎月確実に計画を達成させていくことが必要であるが、最近差異が多く発生する。
景気が悪い、業界全体でも良くないで営業部門だけでなく経営者も諦めてしまう。
単月の未達成分は次月、次次月カバーしてゆくための単月の許容差異はどれぐらいか?

 ①売上高、粗利益高  2%以内
 ②粗利益率   0.1~0.2%以内
 ③経費    2~3%以内
 ④営業利益、経常利益額  3~5%以内
が許容範囲の限度ではないだろうか?
差異が大きすぎる計画は計画とは言わない。

差異が常に発生していても異常とは思わない企業が多すぎる。
差異が常に発生する計画の問題点は、

1.再発生が恒常化し、達成しなくても当たり前という風土が定着してしまう
2.単月達成への意欲が薄れ、後で頑張ればよいという先送り体質になってしまう(実際は挽回は出来ない)
3.差異の責任追及だけで原因追求がおざなりになる(だからいつまでも達成できないが続いてしまう)
4.毎月同じ言い訳が続く(抜本的な対策の手が打たれない)
5.計画の立て方がいい加減になる(達成させるための対策が甘くなる)
6.資金繰りのめどが立たない、本当に必要な商材の仕入れに消極的になる

その他経営上の問題が多く発生する。

ではどう対応すればよいか? 一概には言えないもののヒントとして

1.単月だけでなく中長期の対策を立てる(短期の対策と中期の対策の両方で対策の手を打つ)
2.計画と見込みの差額をつかみ、先行での差額対策を実施する
3.結果を分析、評価するのでなく業績のプロセスを徹底的に管理する
4.常に大きな差異を出す営業マン、部門、商品の原因、対策を詰める
5.計画の立て方自体を見直す

などあげられるが、経営者を含め、まず計画への執念から変えるべきではないだろうか?

« 企業再生支援 | トップページ | 部下ができることをリーダーがやるな! »

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 計画と実績の許容誤差:

« 企業再生支援 | トップページ | 部下ができることをリーダーがやるな! »

おすすめブログ

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック