サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 福岡雄吉郎の最新刊
    好評発売中! 「社長の賢い節税」(著:福岡雄吉郎、発行:日本経営合理化教会) 社長が賢い節税をせずして、会社にも、社長にも、お金を十分に残すことはできません。数々の現場での、あっと驚く事例をもとに、お金を残すための具体策を、余すところなく披露します。

福岡雄吉郎 出版記念セミナーのお知らせ!

  • 福岡雄吉一郎 出版記念セミナーのお知らせ
    「社長の賢い節税」出版を記念とした、税務対策セミナーです。 5月25日(大阪)、28日(東京)にて開催します。 ゲスト講師も登壇予定です。 詳細は追って連絡いたします。 主催:日本経営合理化協会

相続対策セミナーのお知らせ

  • 相続対策セミナーのお知らせ
    2021年度の日程が決定しました。6月8日(火)東京・オンライン、6月22日(火)大阪。 主催:日本経営合理化協会 詳細は追ってご連絡いたします。

古山喜章CD お金が残る決算書「100の打ち手」発売!

  • お金が残る決算書「100の打ち手」発売!
    1話5分完結で全100話収録! 会社を強くする決算書にするための具体策を、節税対策、銀行対策、危機対応、業種別対策など、7つの側面から、実例を交えて語ります。 移動時・在宅時などのすきま時間に、ぜひご活用ください。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月28日 (月)

在庫は早く売れ!

古山喜章です。

いよいよ年末、毎月の棚卸作業ができていない、という企業も、このタイミングで実施する企業も多いようです。
まぁ、本来は毎月行わなければ、在庫管理、仕入管理は不十分、というわけですから。

デフレ経済の今、在庫は持っていれば持っているほど、その値打ちが下がっていきます。
当たり前です。
特に、昨年の在庫が今もあるようなら、その在庫を今売ろうとしても、仕入れ価格を割ることさえ起ってきます。
損が出ます。
それでも、売ればいいのです。
売って、仕入れ割れの差損を、特別損失で計上すればいいわけです。
そうすれば、有効な節税対策となります。

しかし、借入金が多く、常に銀行の顔色を気にしている方々は、損を出すことが怖くてしかたがない。
次のような声をよく聞きます。
「今売ったら損するんですよ!」
「えっ、損なんか出したら、銀行がなんて言うか・・・。」
「貸してくれないようになったらどうするんですか?」

今売らなければ、もっと損します。
(価値も品質も、時の経過とともにどんどん下がります)
適正な処理をしている以上、銀行は何も言いません。
(むしろ、キャッシュフローが良くなるから歓迎されます)
銀行は今、貸し出すところがなくて困っています。
(銀行の環境も、大きく変わっています)

利益を上げて、キャッシュを残す。
そのためにも、不要な在庫は早期に現金化をしてください。
そして、損がでたら、特別損失を計上してください。

デフレのときは、デフレに見合った対策を、過去の状況にとらわれず、実施することです。

2009年12月26日 (土)

私がクレーマー?

ICOの森垣英和です。

ここ、わずか2日の間に体験した小売店などにおける不愉快なケース。

あるドラックチェーンでのケース。
胃の調子が悪くなって仕事が終わった土曜日の18時、会社の帰り道ドラックチェーンによってxxという胃腸薬が欲しいと販売員に申し出たところ、
「xxは薬事法で薬剤師がいないと売れないんです」とのこと。
「何で薬剤師がいないの?土曜日の18時やで。薬局のかきいれ時違うの?」
良く聞くと、薬剤師は平日の10時から18時までしかいない、土日は休みである。
病気は土日関係なく発生する。
病気になっても欲しい薬が入手できない。
土日は病気になっては駄目ということか?
「この店は薬局としての使命をどう考えているのか」と文句を言ったが反応なし。

あるスーパーでのこと。
普段はそんなに混んでいないのだがやはり年末ということで3~4人のレジ待ちができていた。
私もレジ待ちで並んだ。
前のお客のレジが終わり次は私という時に、オバハンがツーと入ってきてレジに商品を出す。
レジの担当が精算をしようとしたから「ちょっと待て、順番どおりやれ。並んでいる順番や。」
レジの担当者も並んでいるのは見えているはず。
「お客様、順番がございますのでどうかお並びください」がレジ担当の言うべきこと。
まさに「なにしてるねん?」である。

あるフライドチキンのチェーン店ではこういう体験をした。
オーダーしてお金を払おうと財布を出したがあいにく千円札がない。
仕方がないので、一万円札を出しおつりを貰う。
普通なら「何千何百円のおつりでございます。まず、お札のほうから、一枚、二枚・・・」とお客の目の前でおつりを確認する。
お札の枚数の確認は、お客のためだけでなく店でのキャッシュ管理、レジ過不足を防ぐ意味でも有効な手段である。
ところがその店では札を数えようともせず、いきなり束で「おつりです」。
レジの後ろには店長とおぼしき人間が作業をしていたが何にも言わない。
当たり前のことができていないことに文句を言う、クレームをつける。
しごく、当然のことではなかろうか。
それが、クレーマーであろうか?

最近、そうした当たり前のことができない店が増えてきましたなあ、そう思われませんか?

2009年12月22日 (火)

少し早い年賀状

ICOの森垣英和です。

激変の09年が終わり本年はどう変化するか。
昔、コンサルタントの駆け出しの頃、先輩より「今年は昨年の子供、昨年の流れは今年もそう変わらない」と教えられましたが、世界不況、デフレ、円高、マイナス経済が続き二番底を迎えるのか、企業にとっては展望が読みにくい年度ではあると実感されます。

アメリカの神学者Reinhold Niebuher(1892~1971)は
「神よ、変えることのできないものを受け入れる平静さを、変えるべきものを変える勇気を、そして、それらを識別する知恵を与えたまえ」という言葉を残しましたが、まさに神にも祈る気持ちになります。
しかし、環境がいかに厳しく変化しようと、不況を恐れず、不況を乗り切ってゆく旺盛なる事業家意識を一層高め

1.会社を潰さないための先行資金繰り、キャッシュ管理の徹底
 ・中小企業金融円滑化法、延長緊急保証制度の活用・営業キャッシュフロー以内の借入金の返済(リスケジュールの交渉)・在庫、売掛金削減・仮払、立替金、貸付金チェック・ABL(流動資産担保融資)、劣後ローン貸付、当座貸越の活用・少人数私募債

2.いかなる事態が発生しようと対応できる全天候型経営の推進
 ・四半期毎での利益、キャッシュの計画の見直し(尺取虫計画)・従来より綿密なリスク予測と対応・BCP(事業継続計画)・コンテンジェンシー計画(複数の代替計画)・他社との人員、設備の融通(インフルエンザ対策)

3.止血、ローコスト経営へ経営の合理化
 ・固定費削減でBEP引下・雇用調整助成金活用・アウトソーシング、内製化の優位性の見極め・仕入先、仕入方法見直し・銀行金利引下げ交渉・他社との共同配送(物流合理化)、協業化推進・中古設備、機械の活用           
4.経済危機を逆手にとっての将来の種まき
・安価で価値ある企業のM&A・他社の撤退事業の買収・下位企業のできないR&D,イノベーション投資の実施・有力顧客との共同商品開発・有利な居抜き店舗の活用

5.社会に貢献し消費者、世の中のお役に立つ正直経営の一層の徹底
・環境対応、省エネ化・CO2削減・表示遵守・トレーサビリティ・内部統制・CRR・リサイクル、リユースへの取り組み・コンプライアンス

などの手を打つことが重要と思われます。

今年もアイシーオー・コンサルティングは全力をあげて企業の問題解決に取り組んでまいります。
本年もよろしくお願いします。
 2010年  新春        
     株式会社 アイシーオー・コンサルティング
     代表取締役   森 垣 英 和    

2009年12月21日 (月)

2009年度 10大ニュース

古山喜章です。

先日、リレーブログメンバー3名(森垣、内藤、古山)による研修会のなかで、2009年の10大ニュースを検討いたしました。
その結果は、以下のとおりです。

1、民主党政権誕生(政権交代)
2、2009年3月上場企業収益大幅悪化 (トヨタ、パナソニック、日立、新日本石油、第一三共)。4月以降、トヨタ8500億円、日立5000億円など、コストカットが大幅に進む。
3、赤字、株安(評価減5兆円)、円高海外子会社株評価損(7兆円)で、上場企業の自己資本34%と、前年比12%ダウン。在庫削減、増資などにより9月では2%の改善。
4、4月~6月、7月~9月と、GDP急回復するも、デフレ傾向は続き、二番底の可能性が大きい。
5、失業、潜在失業で雇用不安拡大。(夏賞与16%、冬賞与15%の前年比マイナス。失業率5.7%、求人倍率0.42倍)
6、エコポイント、省エネなどによる商品販売増加(エコカー、エコ家電、太陽光発電)
7、新型インフルエンザによる影響(5月 関西の観光・交通・小売外食への打撃大、マスク、消毒液の需要急拡大、企業のリスク対応進む)
8、劣後ローン、ABL(動産担保融資)、DDS(デッド・デッド・スワップ)など、中小企業資金調達の多様化が進む。大手は社債、大型増資による資金調達が多かった。
9、貧(困)、安(価)、再(生)などのデフレビジネスの台頭。(低価格、シェア、中古、レンタル)
10、沖縄基地問題、環境問題(CO2)、国家予算、デフレ対策など、先が読めない状態。(民主党政策の迷走)

加えて、2010年度の予測についても、メンバーで話し合いました。
大胆な憶測も飛び交いましたが、概ね、次のような内容です。

1、連立政権の崩壊、もあり得る
2、BRICSからVISTAへの経済シフトが進む
 (ブラジル、インドネシア、南アフリカ共和国、トルコ、アルゼンチン)
3、景気動向・政策によるが、かなり厳しい状況で1年間推移する可能性大

2009年度は、上期は前年リーマンショック以降の予測通りの景気悪化であったものの、下期は期待した回復基調が見込めず、先の見えない状況に落ちいった。
という、上期と下期で大きく傾向が異なった1年であった、と、メンバー一同、この一年を振り返りました。

みなさんの企業における10大ニュースは、どのようなものでしたか?
1年の締めくくりに、このような振り返りをするのも、ひとつの意思統一につながるものです。
新たな年への期待と課題をこめて、それぞれの事業の発展を願っております。

2009年12月14日 (月)

議事録のすすめ

古山喜章です。

実践されている企業にとっては、
「えっ、何をいまさら?」と思われるかもしれませんが、
会議の議事録を作成していない企業に、ときどきお目にかかります。

会議のなかで、何かを指示したり、決定したり、互いに確認しあったり、といったことが行われます。
しかし、これらのことが議事録に記されないと、
各自がそれぞれの認識でメモをとったり、または取らなかったりします。
メモの内容もマチマチです。
こうなると、決定事項への理解の足並みが、バラバラになってしまいます。

全員が確認できる記録に残りませんから、その場限りで、その後のチェックもされないままになりがちです。
それでは、せっかく人件費の高い人材が集まって会議を行っても、何も成果や問題解決に反映されません。

議事録の作成と確認は、会議のなかでも最も大切なことです。
これによって、課題の進捗管理が行われるからです。
会議の終わりには、その日の決定事項を確認し、その内容を議事録として参加者に配信してください。
そして、次の会議の冒頭で、必ず議事録内容の実施確認をしてください。
実施がされていなかったら、今後どうするのか、さらに追及してください。

議事録の作成と確認は、経営者、管理者が行うべき、進捗管理の基本です。
基本を大切にすることが、企業活動の風土・体質強化に貢献してくれます。
議事録を実践・活用できていない企業は、すぐにでも始めることを、おすすめします。

2009年12月10日 (木)

東京ディズニーリゾート

ICOグループの内藤です。

東京ディズニーランドに行ってきました。

Cimg0942


ある会社の中堅管理職研修でサービスの真髄を学びに行きました。

この会社は継続して中堅管理職の育成をしていますが、私も研修会の講師をさせていただいているおかげでこの5年間で10回以上TDR(東京ディズニーリゾート)に来ています。

今年の来園者数は前年を下回っていますが、わが国でも有数のリゾート施設で、多くのファンをつくっています。

その秘訣のひとつは「変化」です。

何度来ても新たな発見があります。今回はクリスマスイベントの真っ最中で、パレード中に雪を降らせていました。

それから、「明るさ」です。
虫も人もお金も明るい所に集まるというのが、私の持論です。
とにかくゴミのない園内で、笑顔あふれる場を提供していました。

Cimg0949


Cimg0950

TDRでは40歳代も50歳代も20歳代と同じ行動を取るそうです。

そういう私も・・・・・・・。

2009年12月 7日 (月)

キオスクのセルフレジ

古山喜章です。

これまでネットレジや、イオンのセルフレジなどを紹介してきました。
まだ関西ではお目にかかりませんが、東京では、駅売店のキオスクにもセルフレジが登場しています。
Photo
店内に販売員の方はおられますが、急いでいる人は、どんどんセルフレジを使われています。
商品のバーコードを自分でスキャンし、精算する種類の電子マネーを選び、そのカードをかざすだけ。

早くて効率がいいです。
特に、私が見ていたのは夕方のピーク時でしたので、販売員とのやりとりをする人と、セルフレジを使う人とが混在し、これまでの一人対応ではありえないスピードのオペレーションで回転していました。
まさに、余分な人を配置せずに、ピーク時の回転をアップできています。

究極は無人化でしょうが、一人員+セルフレジの対応でも、まずは十分な効率アップです。

あまり大きな話題にはなりませんでしたが、今年はセルフレジが実用レベルで展開し始めた、セルフレジ元年と言えるのではないでしょうか。
労務コストがどんどん上がる環境を考えると、来年はさらにセルフレジやネットレジなどが、広がってくると考えられます。
電子マネーなどで精算してもらうことで、いつ何が売れたか、だけではなく、いつ誰が何を買ったか、までのデータ化が可能になります。
きめ細かな顧客ニーズに、無駄なく対応するには、欠かせないデータです。

店内にレジを設置している商売の方は、導入を検討されてはいかがでしょうか。

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

おすすめブログ

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック