サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 福岡雄吉郎の最新刊
    好評発売中! 「社長の賢い節税」(著:福岡雄吉郎、発行:日本経営合理化教会) 社長が賢い節税をせずして、会社にも、社長にも、お金を十分に残すことはできません。数々の現場での、あっと驚く事例をもとに、お金を残すための具体策を、余すところなく披露します。

福岡雄吉郎 出版記念セミナーのお知らせ!

  • 福岡雄吉一郎 出版記念セミナーのお知らせ
    「社長の賢い節税」出版を記念とした、税務対策セミナーです。 5月25日(大阪)、28日(東京)にて開催します。 ゲスト講師も登壇予定です。 詳細は追って連絡いたします。 主催:日本経営合理化協会

相続対策セミナーのお知らせ

  • 相続対策セミナーのお知らせ
    2021年度の日程が決定しました。6月8日(火)東京・オンライン、6月22日(火)大阪。 主催:日本経営合理化協会 詳細は追ってご連絡いたします。

古山喜章CD お金が残る決算書「100の打ち手」発売!

  • お金が残る決算書「100の打ち手」発売!
    1話5分完結で全100話収録! 会社を強くする決算書にするための具体策を、節税対策、銀行対策、危機対応、業種別対策など、7つの側面から、実例を交えて語ります。 移動時・在宅時などのすきま時間に、ぜひご活用ください。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月31日 (日)

強い会社、弱い会社――孫子の教え

ICOの森垣英和です。

新年を迎え早や1ヶ月。
時間の経つのは「あっと言う間」の実感を持ちます。
今年の景気はどうなるか、ある経営者は「今年は寅年、今の日本の景気の状況は寅の刻、現在の時間で言うと午前4時。
夜明け前が一番寒い、厳しい」と言っておられましたが、なるほどと言う面もあるかと思います。

厳しい環境の中で頑張っている企業も多くあります。
強い企業とそうでない企業の違いは何か?孫子は戦争に勝つ国、負ける国の違いで7つのポイントを示しています。
 
1、主いずれ有益なる・・・どちらの国(会社)のトップがより道(道理、原理原則)を体現しているか
2、将いずれ有能なる・・・どちらの国の将軍(上層幹部)がより有能、戦略性を有しているか
3、天地いずれか得たる・・・時、所(時代環境、地域情勢、マーケティング状況)はどちらの国がより有利に生かしているか
4、法令いずれか行わる・・・法令(方針、ルール)はどちらの国がより徹底しているか
5、兵衆いずれか強き・・・どちらの国の集団パワー、組織力が強いか。
  忠誠心が強いか。
  支持を得ているか。
6、士卒いずれか練(なら)いたる・・・どちらの国の兵隊(社員)がより鍛えられているか
7、賞罰いずれか明らかなる・・・信賞必罰はどちらの国でより明確で徹底しているか

今までの企業間競争は、「競走」より早く走れる会社のほうがより多くのご褒美(売上、利益)が得られた。
今は、生死をかけた競争、企業間戦争の状況にあります。
「負けに不思議の負けはなし」。
より一層の勝てる体質、条件作りが必要です。

2010年1月28日 (木)

電子書籍が広がってきた

古山喜章です。

最近、移動の新幹線のなかで、電子書籍を利用している人を見かける機会がポツポツと出てきました。
やはり、外国人の方が、アマゾンのキンドルを手にしている、ということが多いですね。
Kindle2
ちょうど、文庫本くらいのサイズでしょうか。

情報ツールのめまぐるしい進化には、本当に驚かされます。
数年前は、新幹線のなかで、ポータブルDVDで映画を見ている人をよくみかけました。
が、ノートパソコンにDVDが標準装備されている今となっては、ポータブルDVD派はほぼ皆無です。

紙資源への環境配慮などの面からも、書籍電子化の波は加速度的に進むでしょう。
さらにメモ機能や検索機能、画像や動画の添付が充実してくれば、圧倒的に紙媒体よりも便利になると思います。
どのような電子書籍ツールが主流になっていくのか、とても楽しみにしています。

ここ数年、情報機器を媒体として、買い物のしかたがどんどん変わってきています。
逆を言えば、売り方が変わってきている、ということです。
音楽はCDからデータ配信に変わり、買い物は百貨店からネット通販へと、どんどんシフトしています。
変化のなかには、チャンスもあります。

電子書籍のシェアが広がれば、
大型書籍店はどうなるでしょうか?
紙を売っている企業はどうなるでしょうか?
物流ビジネスへの影響はどうなるでしょうか?
これらの企業で働いている人たちはどうなるでしょうか?

ビジネスモデルが変われば、過去の成功は無残に消え去っていきます。
売り物や売り方を、変化に合わせて改良し、過去の成功は捨て去り、新たな時代のニーズに合わせていく。
その努力が、企業にも、個人にも、要求されています。

2010年1月22日 (金)

対策は具体的な行動を書け!

古山喜章です。

指導先の経営会議や業績会議に出席したとき、業績が伸び悩む企業には、資料内容に3つの特徴があります。

1.前月の業績に対する要因分析がない。
2.要因分析はあるが、対策が書かれていない。
3.対策は書かれているが、具体的に何をするのかわからない。

(1.前月の業績に対する要因分析がない。)
前月の結果だけが書かれてあり、何が良くて、何が悪かったか。
なぜ良くて、なぜ悪かったか、が分析されていない。
これでは、次の手は、単なる思いつきにしかすぎません。

(2.要因分析はあるが、対策が書かれていない。)
分析だけが記され、「で、どうするの?」の部分がない。
経営は、次の手を打つからこそ、課題・問題を克服し、それが儲けに繋がります。
対策がなければ、単なる評論家です。

(3.対策は書かれているが、具体的に何をするのかわからない。)
「来月は、売上○○○○百万円を目指す」
「□□□□を、再度、周知徹底する」
で、そのためにどうするの?ということです。

例えば・・・、
売上○○○○百万円を達成するため、ターゲット企業を△日までに20社洗い出す。
その20社に、今月中に各社○回アプローチをかける。
あるいは、
周知徹底するため、毎週○曜日に、○○分ミーティングをし、□□□□のための個人別の課題を上げさせ、前の週の結果を報告させる。

などなどなど・・・

対策は具体的に書かなければ、結局、部下は何をすればよいのかわかりません。
で、1ケ月後に、できたかできていないか、チェックできなくなります。
具体性がないから、強くしかることもできなくなります。
その結果、状況に進展はありません。

会議資料の対策欄に、具体的な対策が書かれているかどうか。
これだけで、その人材の力量、その企業の力、が問われます。

具体的な対策を書いている人は、誰しも、本気で考え、考え、考え抜いています。
簡単に思いつかないのは、当然なのです。
問題・課題を何としてもクリアしたい、という熱意を持ち、日頃からアンテナを張り巡らしている人だけが、効果的で、具体的な対策にたどりつきます。

アンテナが圏外になってばかりでは、いいアイデアを思いつくはずもありません。
あなたのアンテナは、いつも3本立っていますか?

2010年1月21日 (木)

笛吹けども踊らず

ICOコンサルティング・グループの内藤です。

ある中小企業の経営者から、次のような相談を受けました。

「会社を変えようとして改善運動や5S活動、社員教育、新規事業開発など、いろいろと新しいことに取り組んでいるのだが、社員の大勢は受け身でなかなか成果が出ない。中には反発してくる社員もいる。どうしたらいいのか?」

いわゆる“笛吹けども踊らず”の状態で、社長一人がイライラしているそうです。時には大きな声も出しながら・・・。

中小企業にはワンマンタイプの経営者が多く、よくある話ですね。
自分はいろいろと考えながら、あれやこれやと手掛けるのですが、なかなか社員に浸透しない。それを見ていると余計に腹が立つ・・・。


しかし、少し立ち止まって考えましょう。冷静に・・・。

中小企業の経営者は会社がすべてですので、四六時中会社のことを考えています。「どうしたら儲かるのか?」「どうしたらお金が残るのか?」「どうしたら無駄がなくなるのか?」・・・・。そして、それを社員にも要求します。

しかし、社員にとって会社は就職先にすぎません。多くの社員は、少しでも楽して、多くの給料をもらうことしか考えていません。会社のことより自分の生活が第一なのです。

結局、人間は自分のことしか考えていないのです。経営者も社員も・・・。

私もサラリーマンの時代には、いかに楽して結果を出そうかと考えていましたが、30歳で経営者の端くれになってからは、どうやって儲けようかとそればかりを考えるようになりました。


それでは、経営者と社員が同じ発想になるようにするのにはどうしたらいいのでしょいうか?

・経営者のやりたいことを社員もやりたいと思わせる
・成果が出れば褒め、成果が出なければ叱る
・会社が儲かれば、社員も儲かるしくみをつくる


結局、「納得」と「評価」、「賞罰」が大切なのだと思います。

それくらいわかってる?

いえいえ、わかってるようで、意外とやっていないんですよ。

2010年1月18日 (月)

QC活動による改善成果発表会

古山喜章です。

先日、ある指導先にて、QC活動、いわゆる小集団活動の発表会を行いました。
各QCサークルが、それぞれの職場での問題・課題に取り組み、1年間の成果を発表します。
その企業では、32サークルあり、3日間に渡って発表会が行われました。
ひとつのサークル人数は、多くて7~8人です。

一般的に、QC活動と言えば、工場などの生産性を高めるための改善活動と思われがちです。
が、この企業が素晴らしいのは、生産部門だけでなく、営業部門、管理部門も含め、全社でQC活動に取り組んでおられる点です。
しかも、生産部門では、パートさんで構成したサークルも5つあります。
さらに言えば、この3日間は予選で、選抜されたサークルによる決勝が、2月に行われる予定です。

32チームの発表を通じて、大きな成果を上げているサークルには、2つの共通点がありました。

1.改善のアクションをスピーディーに行い、素早く是正点を見出して、さらなるアクションをすぐに起こしている。
2.「時間がない」「集まりづらい」を言い訳にせず、意見や知恵を集める工夫をして、こまめにコミュニケーションをとっている。

結局、小集団活動であろうと、企業経営そのものであろうと、成果をあげるコツは同じですね。
PDCAを素早く回転させることです。

この企業では、QC活動が17年間継続しており、組織の風土づくり、体質改善に大きく貢献する活動になっています。
職場レベルの改善や課題達成は、それぞれの職場メンバーが自ら取り組まなければ、成果に結びつきません。
他の職場の者が、ああだこうだと言ったところで、現場はなかなか素直に動いてはくれないのです。

各現場レベルでの改善と評価の仕組みを取り入れる。
小さな改善の集積でも、継続すれば、経営改善の大きな力となっていきます。
全員が目標や課題の解決に向かって全力で取り組み、知恵を絞る。
QC活動(小集団活動)には、組織の理想の姿が込められているのです。

2010年1月16日 (土)

日本はどこへ行こうとしているのか?ガンディーの警鐘

ICOの森垣英和です。

年も明け、新年度がスタートしたが、この1年わが国はどこへ行くのか姿が見えない。
民主党トップの資金問題や、首相の母親からの資金提供などの報道を見聞きする度に、マハトマ・ガンディーの警告を思い浮かべる。

ご承知のようにガンディーは近年発展が著しいインドの「独立の父」、弁護士、宗教家、政治指導者。
独立における非暴力不服従は有名であるが1948年狂信的なヒンドゥー原理主義者に暗殺された。
そのガンディーが「7つの社会的大罪」という指摘を行い、7つの大罪がはびこると人間社会、世の中が駄目になると警告している。

7つの大罪とは

1.原則なき政治
2.道徳なき商業
3.労働なき富
4.人格なき教育
5.人間性なき科学
6.良心なき快楽
7.犠牲なき信仰

日本の現状をまさに予見したような警告である。
原則なき、その場その場でコロコロ言うことが変わる政治。
この人には任せられないと思われる政治。
自民党も同じ程度ではないか?
うそつき商品、貧乏人を食い物にする商売。
己だけが儲かればよいという商法。

倫理、道徳はどこへいったのか?
楽をして儲けることがもてはやされる、こつこつ働いて富を得ることは時代遅れであるという風潮。
破廉恥教師、子供や教育をおとりに使う。
尊敬される教師は数少ない。
勿論、そうした現象は一部で、全てではないと思われるものの「どうなっているの?」ということが多すぎる。
今年は、ひとつ明るく「7つの大罪」がない日本、世の中にしたいものである。
キリスト教で言うように「暗いと不平を言うよりも進んで明かりをつけましょう」にしていかなければならないと思う。

2010年1月13日 (水)

アスリート精神

今年はバンクーバー冬季オリンピックやサッカーのワールドカップなど、国際的なスポーツイベントが予定されています。

本日も全日本スキー連盟がオリンピックの代表29人を発表していましたが、選手にとっては熾烈な競争が続いています。
その中でも、ジャンプの葛西紀明選手は史上初めて6大会連続出場だそうです。6大会といえば20年以上にわたってトップ選手の座に居続けるということですから想像を超えた努力を続けてこられたのだと思います。本当に頭の下がる思いです。

私もスポーツが大好きで、年末年始もついついスポーツ番組が気になりました。ラグビー、サッカー、駅伝、スケート・・・・。

鍛え上げてきたアスリート同士が、紙一重の技を競い合い、真剣勝負をするさまは魂を揺さぶられるほど感動します。

そして、自分たちのビジネスでの戦いに投影してしまいます。

私は、これからのビジネスマンはアスリート精神が必要であると考えています。
「アスリート」とは、「競技者」のことですが、わずかコンマ数秒、数ミリメートルを改善するために分析し、トレーニングをし、体調を整える・・・。
そこには、真摯な姿勢と探究心、日々の改善のための努力が必要になります。

ビジネス社会も同じで、競合相手に勝つために、徹底的に分析し、課題を見つけ出し、改善のために日々努力を続ける・・・。
顧客へのレスポンスを少しでも早くする、生産サイクルタイムをコンマ数秒短縮する、品質不良を極限までゼロに近づける・・・。
「ビジネス・アスリート」を育て、「ビジネス・アスリート」集団にすることが、企業にとって勝ち残る条件であると思います。

私もある会社で、「ビジネス・アスリート」集団づくりに取り組んでいます。製造現場で作業風景をビデオに撮り、現場のメンバーと何度もビデを見ながらムダを見つけるというものです。
歩行距離、動作の動き、機械の稼働率、モノの流れ・・・。少しのムダも見逃さない真剣勝負です。

そして、見事に好業績を上げています。

「身軽」で「機敏」「明るく」「元気」な組織づくりに向けて、アスリート精神を組織に植え付けましょう。

2010年1月11日 (月)

少人数私募債の活用

古山喜章です。

この最近、少人数私募債の運用に関する問い合わせを、数社からいただきました。
いずれも、新たな資金調達ではなく、役員が会社に貸し付けているお金を、少人数私募債に切り替えたい、というものでした。

ご存じの通り、会社に貸し付けているだけだと、会社の貸借対照表では借入金、つまり負債になってしまします。
でも、少人数私募債にすれば、負債ではなく、資本の部に計上できます。
つまり、少人数私募債という形に切り替えるだけで、自己資本比率がアップするわけです。
少人数私募債というのは、まぁ言ってみれば、規模の小さい社債のようなものですから。

問い合わせをいただいた数社の方々は一様に、自己資本比率を上げておきたい、ということでした。

自己資本比率は、銀行が融資の格付け時に、最も重視する経営指標です。
自己資本比率が上がれば、格付けがよくなります。
格付けがよくなれば、より低い金利交渉がしやすくなります。
そのほかにも、多くのメリットがあります。

むつかしい手続きがあるわけでなく、取締役会レベルで全て済ませることができます。
資金調達のひとつの手段として、ぜひ活用ください。

少人数私募債のメリットや、手順、フォーマットをまとめたパワーポイントの資料が欲しい方は、こちらのアドレスへ、古山宛でご連絡ください。

2010年1月 8日 (金)

今年のキーワードはTIGER

ICOの森垣英和です。

年が明けて今日はもはや7日。
年々、正月という季節感が薄れて行く気がしますが、皆さんはどう感じておられますか?

さて、正月は一年の始まり。
正月の意義は、前年の一年間の「偏り」「誤り」「ゆがみ」など振り返り、それを「正す時」。
昨年の反省から今年を考え、正すべき事項を明確にしてそれを改善していかなければなりません。

・年初に立てた目標は達成しただろうか?
 できなかったなら何故できなかっのか?
・会社の方針を忠実に一生懸命にやっただろうか?
 会社の期待に十分貢献しただろうか?
・前年の成功したこと、失敗したこと。
 その原因は何か?
・前年で一番嬉しかったこと、一番悔しかったこと。
 今年はどうするか?

昨年の反省から自分の今年の考え方や行動を「正す月」が正月の意義です。

今年も景況は厳しい状況が続くと思われます。
今年の干支は「寅年」、英語では「TIGER」。
今年の経営のキーワードはTIGERにあると思います。

T(テクノロージー)――持てる技術力を徹底的に磨き上げる。他社がまねできないレベルにまで磨き上げる。
技術力で差をつける。

I(イノベーション)――追い込まれてからの革新でなく、良い状況でも更にもつと良い状況にするために変え続ける。

G( ガッツ )――不況を勝ち抜く強い精神力、挑戦力。不況、環境に暗くなるのでなく、不況、何ぞのことぞとの根性が重要。

E(エコノミー)――節約、合理化を徹底的にはかる。無駄を出さない。利は元にあり仕入れの見直し。大量購入ででなく、今は必要購入。

R(レスポンス)――変化への即応、今年一年がどう変化してもそれに対応する。しかも、早く対応する。変化即応力で勝負する。

禅で「前後裁断」という言葉があります。
その一瞬、一瞬に命をかけて全力を尽くすこと、
がその意味、今年はその「前後裁断」が必要と考えます。 

2010年1月 4日 (月)

デジタル3Dを堪能しました

あけましておめでとうございます。
古山喜章です。
2010年も、さまざまな側面から、文章配信させていただきます。

今年も、個人的な恒例行事「元旦に映画を見にいく会」を慣行しました。(千円ですしね!)
気になりながら、まだ見れていなかった、デジタル3D作品を経験してみよう、ということで、「タイタニック」の監督が14年ぶりに撮った「アバター」を拝見しました。
(「ラストサムライ」と「もののけ姫」を合体させたような内容でした)

映画はもはや、娯楽産業のなかでは斜陽産業です。
年間動員数はこの10年ほぼ横ばい。
一方、スクリーン数だけは右肩あがりです。
そのため、スクリーンあたりの集客単価はどんどん下がっています。
かつては映画を飲み込んだテレビさえも、ネットやその他娯楽ビジネスに押され、赤字決算の局が大半となっています。

そんななか、新たな集客技術として注目されているのが、デジタル3Dです。
終始メガネをかけてみるのですが、確かに立体感はなかなかのものです。
テレビやパソコンでは、体験できないものでしょう。

しかし、映画の原点は娯楽ビジネスであり、映像ビジネスではありません。
例えかつてない技術であっても、娯楽を買いにきている人たちが満足できない限り、長続きはしないものです。
画面が大きくなった、立体的な音響になった、CG技術が進んだ、からっといっても、映画ビジネスはどんどん傾いていったわけです。
3Dも、その延長上です。
(技術だけでは、驚いても、感動にはいたりません。しかも、3Dだからといいて、入場料が300円高いのも、どうかと思います。)

技術も大切ですが、技術を売るビジネスなのか、それよりも、技術を活用して本来売るべきものにアプローチできるかどうか、じっくりと見定めることが大切です。
デジタル配信が可能なら、試みとしてはぼちぼち行われていますが、映画以外の映像配信によるニーズがますます高まってくるでしょう。

技術をニーズに対応させてこそ、その技術は価値を発揮します。

2010年1月 3日 (日)

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。ICOグループの内藤です。


いよいよ平成22年の幕開けです。今年もよい年にしましょう。

年末に沖縄に行ってきました。

Cimg1180

レンタカーを借りて沖縄島の北から南まで走ってきました。
改めて沖縄は基地の島だと認識しました。

わが国の安全保障のために、南の島によって支えられていることに気づきました。
平和や繁栄の裏には、必死で支えている縁の下の力があることに感激しました。


Cimg1146


私も今年一年、企業の繁栄のための「縁の下の力持ち」の役割を果たして行きたいと思います。

今年もよろしくお願い申し上げます。

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

おすすめブログ

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック