サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

相続対策セミナーのお知らせ

  • 相続対策セミナーのお知らせ
    相続対策セミナーの日程が決定しました。 6月26日(水)東京、6月28日(金)大阪 主催:日本経営合理化協会 講師:古山喜章、福岡雄吉郎 詳細&お申し込みは改めてお知らせいたします。

ICO新刊発売のお知らせ!

井上和弘「経営革新全集」10巻完結記念講演会 CD発売!

  • 井上和弘「経営革新全集」10巻完結記念講演会 CD発売!
    2023年7月に開催され大好評を得た、井上和弘の記念講演セミナーを完全収録!全集のエッセンスを凝縮してお届けします! 移動中などにお聞きいただき、学びを深めてください。 動画でも視聴できるよう、購入者専用アクセスコードも入っております。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« QC活動による改善成果発表会 | トップページ | 対策は具体的な行動を書け! »

2010年1月21日 (木)

笛吹けども踊らず

ICOコンサルティング・グループの内藤です。

ある中小企業の経営者から、次のような相談を受けました。

「会社を変えようとして改善運動や5S活動、社員教育、新規事業開発など、いろいろと新しいことに取り組んでいるのだが、社員の大勢は受け身でなかなか成果が出ない。中には反発してくる社員もいる。どうしたらいいのか?」

いわゆる“笛吹けども踊らず”の状態で、社長一人がイライラしているそうです。時には大きな声も出しながら・・・。

中小企業にはワンマンタイプの経営者が多く、よくある話ですね。
自分はいろいろと考えながら、あれやこれやと手掛けるのですが、なかなか社員に浸透しない。それを見ていると余計に腹が立つ・・・。


しかし、少し立ち止まって考えましょう。冷静に・・・。

中小企業の経営者は会社がすべてですので、四六時中会社のことを考えています。「どうしたら儲かるのか?」「どうしたらお金が残るのか?」「どうしたら無駄がなくなるのか?」・・・・。そして、それを社員にも要求します。

しかし、社員にとって会社は就職先にすぎません。多くの社員は、少しでも楽して、多くの給料をもらうことしか考えていません。会社のことより自分の生活が第一なのです。

結局、人間は自分のことしか考えていないのです。経営者も社員も・・・。

私もサラリーマンの時代には、いかに楽して結果を出そうかと考えていましたが、30歳で経営者の端くれになってからは、どうやって儲けようかとそればかりを考えるようになりました。


それでは、経営者と社員が同じ発想になるようにするのにはどうしたらいいのでしょいうか?

・経営者のやりたいことを社員もやりたいと思わせる
・成果が出れば褒め、成果が出なければ叱る
・会社が儲かれば、社員も儲かるしくみをつくる


結局、「納得」と「評価」、「賞罰」が大切なのだと思います。

それくらいわかってる?

いえいえ、わかってるようで、意外とやっていないんですよ。

« QC活動による改善成果発表会 | トップページ | 対策は具体的な行動を書け! »

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 笛吹けども踊らず:

« QC活動による改善成果発表会 | トップページ | 対策は具体的な行動を書け! »

2024年 ご挨拶動画

おすすめブログ

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック