サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

古山喜章CD お金が残る決算書「100の打ち手」発売!

  • お金が残る決算書「100の打ち手」発売!
    1話5分完結で全100話収録! 会社を強くする決算書にするための具体策を、節税対策、銀行対策、危機対応、業種別対策など、7つの側面から、実例を交えて語ります。 移動時・在宅時などのすきま時間に、ぜひご活用ください。

2020年12月 「決算対策」セミナーのお知らせ

  • 12月 「決算対策」セミナーのお知らせ
    12月15日(火)東京(オンライン受講もあり)、12月2日(水)大阪にて。10時30分~16時00分。古山喜章&福岡雄吉郎にて、「決算対策」をテーマにセミナーを行います。詳細&申し込みはこちらからどうぞ。

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 井上和弘の最新刊
    大好評発売中!「儲かる組織に作り変える」(著:井上和弘、発行:日本経営合理化教会) 今ある組織をどのように作り変えてゆけば、社員1人当たりの生産性が上がるのか、その方向性と具体策を、多くの事例をあげてわかりやすく解説します。

好評発売中!

  • 福岡雄吉郎の最新刊
    「会社にお金を残したいなら 今すぐ経費を増やしなさい」(著:福岡雄吉郎、発行:ダイヤモンド社) 税込1,620円。 リターンのない社外流出である税金を、いかに減らし、稼いだお金を会社にしっかり残すのか。誰もが知りたくなる実務を詳細に書いた、中小企業必携の一冊です!

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« デジタル3Dを堪能しました | トップページ | 少人数私募債の活用 »

2010年1月 8日 (金)

今年のキーワードはTIGER

ICOの森垣英和です。

年が明けて今日はもはや7日。
年々、正月という季節感が薄れて行く気がしますが、皆さんはどう感じておられますか?

さて、正月は一年の始まり。
正月の意義は、前年の一年間の「偏り」「誤り」「ゆがみ」など振り返り、それを「正す時」。
昨年の反省から今年を考え、正すべき事項を明確にしてそれを改善していかなければなりません。

・年初に立てた目標は達成しただろうか?
 できなかったなら何故できなかっのか?
・会社の方針を忠実に一生懸命にやっただろうか?
 会社の期待に十分貢献しただろうか?
・前年の成功したこと、失敗したこと。
 その原因は何か?
・前年で一番嬉しかったこと、一番悔しかったこと。
 今年はどうするか?

昨年の反省から自分の今年の考え方や行動を「正す月」が正月の意義です。

今年も景況は厳しい状況が続くと思われます。
今年の干支は「寅年」、英語では「TIGER」。
今年の経営のキーワードはTIGERにあると思います。

T(テクノロージー)――持てる技術力を徹底的に磨き上げる。他社がまねできないレベルにまで磨き上げる。
技術力で差をつける。

I(イノベーション)――追い込まれてからの革新でなく、良い状況でも更にもつと良い状況にするために変え続ける。

G( ガッツ )――不況を勝ち抜く強い精神力、挑戦力。不況、環境に暗くなるのでなく、不況、何ぞのことぞとの根性が重要。

E(エコノミー)――節約、合理化を徹底的にはかる。無駄を出さない。利は元にあり仕入れの見直し。大量購入ででなく、今は必要購入。

R(レスポンス)――変化への即応、今年一年がどう変化してもそれに対応する。しかも、早く対応する。変化即応力で勝負する。

禅で「前後裁断」という言葉があります。
その一瞬、一瞬に命をかけて全力を尽くすこと、
がその意味、今年はその「前後裁断」が必要と考えます。 

« デジタル3Dを堪能しました | トップページ | 少人数私募債の活用 »

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年のキーワードはTIGER:

« デジタル3Dを堪能しました | トップページ | 少人数私募債の活用 »

おすすめブログ

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック