サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 古山喜章の最新刊
    2月28日発売!「社長!カネ回りをよくしたければ 銀行の言いなりはやめなさい!」(著:古山喜章、発行:ダイヤモンド社)税込み1,620円 銀行交渉を有利に運ぶことで、稼いだお金をより多く残せます。銀行の実態に即した知識と交渉術を、余すことなくお伝えする、銀行交渉本の新バイブルです。

次回セミナーのお知らせ!

  • 次回セミナー日程のお知らせ
    2019年6月20日(木)大阪、27日(木)東京にて、財務改善をテーマに古山喜章のセミナーを開催します。 「《決算書》見方、読み方、今年の磨き方」 主催:日本経営合理化協会 詳細・お申込みはこちらを参照ください。

好評発売中!

  • 福岡雄吉郎の最新刊
    「会社にお金を残したいなら 今すぐ経費を増やしなさい」(著:福岡雄吉郎、発行:ダイヤモンド社) 税込1,620円。 リターンのない社外流出である税金を、いかに減らし、稼いだお金を会社にしっかり残すのか。誰もが知りたくなる実務を詳細に書いた、中小企業必携の一冊です!

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« バンクーバー五輪に負けるな | トップページ | 片道約2キロ、田舎の道は遠い »

2010年2月22日 (月)

キャッシュを残すためのネタをさがせ!

古山喜章です。

この時期、3月末の決算期を控えて、経常利益がどれだけ出るか、一喜一憂されている経営者がたくさんいらっしゃいます。
しかし、これはあくまでも、損益計算書(PL)までの話です。
経営にとって大切なのは、たたきだした経常利益から、キャッシュをできるだけ多く残し、来年度の経営資源として活用することです。
つまり、キャッシュフロー、貸借対照表(BS)を見てください、ということです。

経常利益として残ったキャッシュを守るには、特別損失、いわゆる「損だし」を行い、税前利益を下げていくことが必要です。
設備の入れ替えで、使わなくなった機械。
購入したけど、使い物にならなかった機械。
来年度は使えない商品。
デザイン変更で使わなくなる包装資材。
価値の下がった有価証券。
などなど。

損を出す要因はたくさんあるのに、十分に損失計上されない企業がよくあります。
単純に、損のだし方をしらなかった場合もあれば、
「あんまり損を出しすぎたら目立つじゃないですか」
とか、
「損を出して銀行になんか言われませんか?」
と心配される方もおられます。

何も言われません。
言われたとしても、説明すれば、それまでです。
銀行は税務署ではありません。
銀行にしても、キャッシュが残って返済原資が確保されるわけですから、むしろ、財務戦略の行き届いた企業として歓迎されます。

期末が過ぎて、決算の結果がでてからでは間に合いません。
今のうちから、損を出せる要因には何があるか、検討をされておくことをお薦めします。

« バンクーバー五輪に負けるな | トップページ | 片道約2キロ、田舎の道は遠い »

財務・会計・キャッシュフロー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キャッシュを残すためのネタをさがせ!:

« バンクーバー五輪に負けるな | トップページ | 片道約2キロ、田舎の道は遠い »

おすすめブログ

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック