サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

労務コスト削減セミナーのお知らせ

  • 労務コスト削減セミナーのお知らせ
    労務コスト削減セミナーの日程が決定しました。 10月17日(木)大阪、10月25日(金)東京 主催:日本経営合理化協会 講師:古山喜章 ゲスト講師:福田秀樹 詳細&お申し込みはこちらから。

福岡雄吉郎「賢い節税 100の打ち手」CD発売!

  • 福岡雄吉郎「賢い節税 100の打ち手」CD発売!
    知らないと大損する!社長個人と会社のお金を正しく守る実務。 1話4分、全100項で、どこから手を付けてもお金が残せる実務を解説しています。  皆で頑張って稼いだ会社と社長のお金を1円でも多く残し、いざという時でも安心できる「お金に困らない経営」を実現するため、本CDの講話をいち早くご活用ください。

ICO新刊発売のお知らせ!

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« マネジメント・ゲームで経営シミュレーション | トップページ | 第2創業 »

2010年2月 7日 (日)

育児のための短時間勤務制度が義務化されます

古山喜章です。

平成22年は、時間外労働の割増賃金率見直しを始め、労務管理に関する法改正が多くあります。
経営に大きくかかわることですから、モレのないようにしておくことが大切です。

次のような改正もあります。

平成22年6月30日改正予定
従業員100名以下の企業は平成24年6月30日(予定)まで猶予あり

1.「育児のための短時間勤務制度・所定外労働免除制度の義務化」

短時間勤務制度は、通常勤務よりも短い労働時間での勤務(例えば6時間勤務など)を制度化するものです。
賃金は、時間に合わせて低くするのが一般的です。
福利厚生などは、通常勤務の社員と変わりありません。

所定外労働の免除制度は、労働者の請求により、残業を免除する制度です。
いずれも、自社内での内容を整備し、就業規則を改訂することが必要となります。

2.「介護のための短期休暇制度」

要介護状態にある家族の介護のため、5日を上限として、休暇を取れる制度です。


共働きが増え、高齢化が進み、働き方も多様化していますから、それに合わせた制度も必要となるでしょう。
それにしても、あまり労働者を守る法改正ばかりができるのも、「それが本当にいいのだろうか?」と思う時もあります。
さまざまな法改正に対応する、中小企業の苦労は大変なものです。
多くの中小企業は、人事労務選任の担当者がいない、というのが実状でしょう。
法律や対処に詳しい人材は、なかなかいらっしゃらない。

そして、法に対応するには、必ず多くのコストが発生します。
日本のような人件費の高い国で、労働者を守る法律ばかりが増え続けると、結局はJALのようになってしまうのではないだろうか。
限られた経営資源で、あれもこれもと支えきれません。
新しい制度ができる、というのはよく聞きますが、あの制度はなくなる、というのはあまり聞きません。

労務の法律も、スクラップ&ビルドを心掛けてほしいものです。

« マネジメント・ゲームで経営シミュレーション | トップページ | 第2創業 »

人事・労務」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 育児のための短時間勤務制度が義務化されます:

« マネジメント・ゲームで経営シミュレーション | トップページ | 第2創業 »

2024年 ご挨拶動画

おすすめブログ

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック