サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 福岡雄吉郎の最新刊
    好評発売中! 「社長の賢い節税」(著:福岡雄吉郎、発行:日本経営合理化教会) 社長が賢い節税をせずして、会社にも、社長にも、お金を十分に残すことはできません。数々の現場での、あっと驚く事例をもとに、お金を残すための具体策を、余すところなく披露します。

福岡雄吉郎 出版記念セミナーのお知らせ!

  • 福岡雄吉一郎 出版記念セミナーのお知らせ
    「社長の賢い節税」出版を記念とした、税務対策セミナーです。 5月25日(大阪)、28日(東京)にて開催します。 ゲスト講師も登壇予定です。 詳細は追って連絡いたします。 主催:日本経営合理化協会

相続対策セミナーのお知らせ

  • 相続対策セミナーのお知らせ
    2021年度の日程が決定しました。6月8日(火)東京・オンライン、6月22日(火)大阪。 主催:日本経営合理化協会 詳細は追ってご連絡いたします。

古山喜章CD お金が残る決算書「100の打ち手」発売!

  • お金が残る決算書「100の打ち手」発売!
    1話5分完結で全100話収録! 会社を強くする決算書にするための具体策を、節税対策、銀行対策、危機対応、業種別対策など、7つの側面から、実例を交えて語ります。 移動時・在宅時などのすきま時間に、ぜひご活用ください。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 案外つかまれていないライバルの実情 | トップページ | 日本人は世界一、心配性? »

2010年5月 5日 (水)

「伝えた」と「伝わった」は違う

古山喜章です。

計画や業務を進めていく上で、問題や行き違いが発生します。
どの企業でも、こういうことがよくあります。
☆☆さん「○○○の件は、△△さんに伝えました」
で、△△さんは、
「えぇ、それはお聞きしましたが、そういうこととは思ってませんでした。」
とか、
「いいえ、聞いておりません」
で、☆☆さんは、
「間違いなく言いえました!」
となり、トラブルの原因となってしまいます。
「伝えた」と「伝わった」は違うのです。

狙いや意図、目的を外さずに物事を伝える、指示をする、というのは難しいな、といつも感じます。
上記の場合なら、まずは伝えた☆☆さんの伝え方に問題があったのでしょう。

仕事に対する理解や感じ方は、人それぞれによって異なります。
そこを理解して伝えなければ、ただ言っただけでは伝わらないのは当たり前です。
一を言って十を知ってくれる人など、まれなのです。

特に、指示・連絡をするとき、「その意図は何か」ということを伝えないと、トラブルの種になることが多いですね。
そこまでいかずとも、言われる側にしたら、「なぜそうなのか、あの人はいつも言ってくれない」と、不満の元になりがちです。

仕事を進めていくのは、指示、命令、伝達の連続です。
組織で仕事を進めるとは、そういうことです。
つまり、役割を分業化していくことなのです。

「あの伝え方でよかっただろうか?」
毎日10分間、こう考えるだけで、伝達力は磨かれていきます。
ぜひ、お試しください。

« 案外つかまれていないライバルの実情 | トップページ | 日本人は世界一、心配性? »

組織・体制」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「伝えた」と「伝わった」は違う:

« 案外つかまれていないライバルの実情 | トップページ | 日本人は世界一、心配性? »

おすすめブログ

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック