サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 福岡雄吉郎の最新刊
    好評発売中! 「社長の賢い節税」(著:福岡雄吉郎、発行:日本経営合理化教会) 社長が賢い節税をせずして、会社にも、社長にも、お金を十分に残すことはできません。数々の現場での、あっと驚く事例をもとに、お金を残すための具体策を、余すところなく披露します。

福岡雄吉郎 出版記念セミナーのお知らせ!

  • 福岡雄吉一郎 出版記念セミナーのお知らせ
    「社長の賢い節税」出版を記念とした、税務対策セミナーです。 5月25日(大阪)、28日(東京)にて開催します。 ゲスト講師も登壇予定です。 詳細は追って連絡いたします。 主催:日本経営合理化協会

相続対策セミナーのお知らせ

  • 相続対策セミナーのお知らせ
    2021年度の日程が決定しました。6月8日(火)東京・オンライン、6月22日(火)大阪。 主催:日本経営合理化協会 詳細は追ってご連絡いたします。

古山喜章CD お金が残る決算書「100の打ち手」発売!

  • お金が残る決算書「100の打ち手」発売!
    1話5分完結で全100話収録! 会社を強くする決算書にするための具体策を、節税対策、銀行対策、危機対応、業種別対策など、7つの側面から、実例を交えて語ります。 移動時・在宅時などのすきま時間に、ぜひご活用ください。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月30日 (水)

考課者研修を行っていますか?

古山喜章です。

夏の賞与支給時期となりました。
業績に応じて支給額をどうするかは、中小企業各社さまざまですが、財務を担当する方々は、何よりも資金繰りを厳しく見ておいてほしいですね。

多くの企業が賞与に合わせて人事考課を行い、個人の評価を決めて、支給額を算定しています。
ただし、人事考課の評価の偏りやバラツキをなくすため、考課者研修をしている中小企業はほとんどありません。

5段階評価であれば、その基準はどのように考えるか?
各考課項目についての、着眼点はどこか?
被考課者(部下)に求める能力・知識、発揮して役割は何か?
個人的な好き嫌いが考課に反映されてないか?
がんばってるから、というだけで、考課が甘くなっていないか?
無難に中間的な考課におさまっていないか?
人事考課の際に陥りやすいエラーはどのようなものか?

などといったことを互いに確認し、モデルケースをもとに考課をして、考課結果についてディスカッションを行います。

これらのプロセスのなかで、考課に対する足並みをそろえていくわけです。

それでも、偏りやバラツキを完全になくすには、なかなか至りません。
が、
偏りやバラツキを減らす効果、
新しく考課をすることになった若手の育成効果
ベテラン幹部が考課基準を再確認する効果、
は、少なからず確実にあります。

冬の人事考課に向けて、9月・10月ころに、実施されてみてはいかがでしょうか?

2010年6月24日 (木)

言っているのにやってくれない

古山喜章です。

どこの企業でもよく聞く言葉が、
「言っているのにやってくれない」というような言葉です。

「いつも言うてるんですけどねぇ・・・」
「言ってもやってくれないじゃないですか!」
などなど・・・。

こういう言葉がでるとき、多くの場合は、言う側にその原因があります。

普段、会社のルールや決まりごとに対して、守らない、文句ばかり言う、自分中心。

このような行動が出ている人は、いくら正しいことを主張しても、結局、それも文句にしか聞こえません。

逆に、主張や要求が通りやすい人もいます。
そういう方は、やはり、やるべきことはやり、周囲に対しても必要であれば協力的な行動を示します。

結局、日々のちょっとした行動や発言、振る舞いが、自分自身にはね返ってくるわけです。

特に、
主張や要求の強い一般社員の方々、
自分自身ができていないことを、部下に要求する上司・監理者の方々、
こういう方々は、自分自身の行動を見直さない限り、周囲の評価・判断が変わることはないと思います。

私自身、気を付けておきたいことです。

2010年6月18日 (金)

マニフェスト

ICOグループの内藤です。


6月も後半に入り、3月決算の会社では株主総会の準備で忙しい時期になりました。
株主総会を経て、これからの経営の方向を株主に認めてもらい、新しい経営が本格的にスタートすることになります。

わが国の立法府では通常国会も閉幕し、いよいよ参議院選挙選が本格化してきましたね。

各政党のマニフェストも公表されていますので、われわれもしっかりと内容を把握して選挙に臨みたいものです。何といっても政治をつくるのは一人ひとりの国民なのですから・・・。

まず、”民主党”ですが、代表が菅さんに変わったこともあり、前回の衆議院選時の夢のようなマニフェストから現実路線へと転換が見られますね。消費税などの税制の見直しをおこなうなど現状の税制のゆがみを是非とも正していただきたいと思います。
”自民党”は、より具体的に数値目標を明示しわかりやすい公約であると思います。法人税率20%台への引き下げ案は私も賛同するところです。
”公明党”は弱者救済、”社民党”は強者打倒、”国民新党”は郵政とバラマキ政策の復活をかかげています。
”みんなの党”は、増税なき行政改革をうたっていますね。”たちあがれ日本”は具体的な数値でわかりやすい方向性を示していると思います。
6月17日現在では、まだ、共産党はマニフェストを発表していないようですので各党の内容をしっかりと吟味したいものです。

どの組織でも理念とビジョン、そして計画が大切であることは変わりません。さらに大切なことは、その実行にあるのは国家であれ企業であれ変わることはないと思っています。

2010年6月17日 (木)

原点に戻れ

古山喜章です。

この1~2年、思うように売上が上がらない、回復する兆しが見えない、という企業が増えています。
どのような業種、業態においても、言えるのは、

これまでと同じ売りモノでは売れない
これまでと同じ売り先では売れない
これまでと同じ売り方では売れない

ということです。

70年代~90年代の、日本の経済成長を支えた業種・業態に陰りが見え、経営環境は大きく変化してきています。
これまでの自社の業績が、そのような産業の恩恵を大きく受けていたなら、風見鶏のように、風向きに合わせて方向転換することです。

それぞれの企業には、その原点や理念があります。

多くの場合、どの業界に寄与する、などとは書かれていないはずです。

自社のお役立ちの原点を見なおし、新たな風向きに合わせて、売りモノ、売り先、売り方、を見なおしてみてください。
そこに、長いトンネルを抜ける光が見えてくるはずです。

2010年6月11日 (金)

管理業務のシステムを整えよ

古山喜章です。

さまざまな業種・業態で共通することなのですが、利益管理ができていない企業の多くは、管理部門(経理や人事など)のシステムや仕組みの導入が遅れています。
と同時に、なぜか、売上に関するシステムだけは妙に進んでいるのです。

で、深く聴いていくと、どこかに、「売上重視」「売上さえ伸びれば利益がついてくる」という意識が見え隠れしてきます。

もちろん、売上も大事です。
が、やはりそれ以上に大切なのは利益です。
売上は伸びたけども、単価が低く、利益は前より小さい、なんてことになると、返ってマイナスです。

人事面であれば、シフトや残業などの時間管理。
経理面であれば、予算実績比較できる採算管理。
このふたつを、早期に現状把握できるようにし、次の手をうっていく。
売上高のみを管理するより、利益面で大きな効果があります。

とかく、管理業務のシステムは、効果が見えにくいと思われがちです。
しかし、ライバル企業との競争や異業種からの参入が激しく、経営環境が厳しいなかで、売上だけ管理していても、生き残っていくことはできません。

スピーディーな利益管理をするために、整っていないシステムや仕組みはありませんか?

2010年6月 7日 (月)

見習いたい店舗オペレーション

古山喜章です。

出張などで急いでいるときに、とても助かる飲食店があります。
何が助かるかというと、入店から注文して、食事をしてお店を出るまでの時間が短くて済む。
せわしなく動き続ける私には、親切このうえないお店です。
それでいて、満足感もいただけます。

いずれのお店にも共通するのは、独特のオペレーションです。

まずは、新大阪駅構内にある、「浪速そば」。
2010060620280000

店内に入り、レジのおばさんに注文すると、そのおばさんが、
「きつねうどん いっぱ~い」とマイクに向かってオーダーを通します。
その、なんともいえない独特のイントネーションも妙に印象に残ります。
と、そのマイクの声が厨房に届き、客は会計を終えてカウンターに向かうと、きつねうどんができています。
待たされる、という感覚がないのがいいです。

東京駅なら、こちらも駅構内にある「大江戸そば」。
2010052412250000

この店は、自動販売機でチケットを買うタイプです。
まず、店の玄関に、券売機のボタンを大きく拡大したポスターのようなものが貼ってあります。
それを見てから券売機に向かうので、小さなボタンから探すめんどうくささがなくなり、、と同時に後ろの人をイライラさせることも軽減されます。
食券を買うと、待機しているホールスタッフにその食券をわたします。
客が座った場所を確認して、その席番号を食券に記載して厨房に預け、すぐに注文した品物が座席に運ばれてきます。
浪速そばに比べると、少し時間はかかりますが、それでも、東京駅構内のなかでは、かなり早い。
と、ホールスタッフの接客がいい。
笑顔と明るい声で、もてなしてくれます。
どのスタッフもある水準以上のレベルですから、おそらく、接客に力を注いでいるのでしょう。
この単価の店では、通常は考えられないレベルの接客です。

いずれのお店も、回転重視の低単価店舗ですが、独自の工夫があります。
早く食べて食事を済ませたい。
券売機で探すのが面倒くさい。
など、客のニーズや困りごとをとらえて、自分の店にしかない売りモノを工夫する。

見習いたいオペレーションです。

2010年6月 6日 (日)

上司は部下をもっと知るべし

ICOの森垣英和です。

かって、ある会社の幹部研修会で、研修会の事前調査のアンケートをとったことがありました。
参加者本人でなく、参加者の部下の人たちを対象とした調査で、部下から見た良い上司とは、悪い上司とは、部下育成で上司にやって欲しいことなど数問を設問しそれに答えてもらいました。

その結果と上司の経営幹部たちの考え方や意識の相異があれば確認し何故かを研修しようというものでした。

部下の人たちから見た良い上司の答えの多いものとして
①部下の意見を良く聞いてくれる
②部下に仕事を任せて成果を挙げさせてくれる
③強いリーダーシップがある
④必要な時に適切なアドバイスをしてくれる

 一方、悪い上司の答えの多いものは
①失敗した時責任を転嫁する、責任を取らない
②決断が遅い、即断ができない
③本人(上司)の意見を押し付ける
④すぐ感情的になる

成る程とうなずける所もあります。

部下育成で部下が上司にやって欲しいということは
①本人のレベルに合わせた指導をする
②目標を示して計画的に育成して欲しい(思いつきでやらないで欲しい)
③悪いところばかりを指摘しない
④良くなった、能力アップしたところは評価する
⑤本人に改善、工夫の余地を残す

甘えもみられるが、言うことも分かる所があります。
研修で上司が、実際、部下指導でやっていることとしてあげた事は
①上司が自ら手本を示す
②困っている時に相談に乗る
③褒める、叱るをきちんとする
④情報やアドバイスを適切にする
⑤定期的に面談、コミュ二ケーションをとる

両方には微妙な違いがあります。
詳細は省きますが、その研修会の結論として確認したことは、経営幹部(上司)はもっと部下を知らなければならない、幹部の責任として部下育成は非常に重要なことであるという事でした。
上司の皆さん、部下のことを十分に把握されていますか?
上司は部下をもっと知るべしと、私も思います。

2010年6月 3日 (木)

有言実行

ICOグループの内藤です。

鳩山首相が辞意を表明し、総理大臣を辞任することが決まりました。

選挙前からできもしない公約が並べられ、衆議院選挙に勝って、念願の総理大臣にはなったものの、結局、約束が守られなくなり辞任。

もともと日本の将来を考えての就任ではなく、祖父である鳩山一郎氏に追いつくことが目的の総理大臣ですから、言うこととやることがバラバラでも本人にとってはどうでもいい話なのかも知れません。

どのような組織でも言えることですが、トップの条件に「有言実行」があります。

「自分たちの目指すべき方向はどこなのか」をはっきりと言い、「言ったことは絶対に実行する」ということです。

やるべきことをはっきりと言うことは、組織メンバーを一つの方向にまとめるためには絶対に必要なことですし、言ったことを実現することはメンバーからの信頼を獲得するための必要条件です。

トップになれば、「無言実行」でも「無言不実行」でも不適格ですが、「有言不実行」は周りの人々の期待を裏切るだけに、もっとも避けなくてはならないものです。

組織のトップは「有言実行」でなければならないのです。


先日、ある会社の取締役会に参加しましたが、あまりの楽観論にびっくりしました。景気が回復しているとはいえ、まだまだ先行きが不透明の中で考えられないくらい強気の経営計画を発表するというのです。

その根拠を問いただしたところ、希望的観測とのことでした。

強気の経営計画には、メンバーのやる気を鼓舞し、やる気を高めるのも事実ですが、それがあまりにも現実とかけ離れていれば、かえってやる気を失い、不信感を社内にまき散らすだけに終わってしまいます。

「有言実行」。
そのためには、できないことをあたかもできるように言わないことでしょう。
そして、冷静な目で現実を分析することが欠かせないと思います。

結局、今回の鳩山首相には、”冷静な目”が欠けていたということでしょう。

しかし、自分たちも同じことをしているということを、あらゆる組織のトップは反省しなければならないと思います。

2010年6月 2日 (水)

iPadは、楽しめるビジネスツール

古山喜章です。

早速、iPadを入手し、使ってみました。
とにかく驚いたのは、電源を入れて、インターネット画面を見るまでのスピードの速さ!!
早い。
電源ボタンを押して、3秒後には見れてます。
メール画面も同様です。
このスピード感は、パソコンでは得られません。
何をするにも、待たされる、ということがないです。

と、気になっていたのは、エクセル、ワード、パワーポイントなどの資料の閲覧です。
これも、グラフやセル結合部分に若干の崩れが生じますが、iworkのアプリをダウンロードすることで、ほぼ解消されました。
アプリを通じて、編集もできます。

画面が大きいので、資料だけでなく、動画や写真を保存して、営業などのビジネスツールとして活用する方も増えてくるでしょう。
スピードだけでなく、画面の動きや流れ、ちょっとした操作感、シンプルで研ぎ澄まされたデザインが、とても楽しい。
この感覚こそが、アップルの強さです。

マイクロソフトはビジネスを追求し、任天堂はエンタテインメントを追求してきました。
アップルは、アイマック、アイフォン、アイパッド、の通信ネットワークにるライフスタイルを構築することで、他社にはない、ビジネスとエンタテインメントを融合させた最先端にたどりつた感があります。

アップルの業績は、ますます向上するでしょう。

他社がすぐにはマネできないことをやる。
これは儲かる企業の鉄則のひとつです。
どのような業種・業態でも、そのようなチャンスは、平等にあるものだと思います。

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

おすすめブログ

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック