サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 福岡雄吉郎の最新刊
    好評発売中! 「社長の賢い節税」(著:福岡雄吉郎、発行:日本経営合理化教会) 社長が賢い節税をせずして、会社にも、社長にも、お金を十分に残すことはできません。数々の現場での、あっと驚く事例をもとに、お金を残すための具体策を、余すところなく披露します。

福岡雄吉郎 出版記念セミナーのお知らせ!

  • 福岡雄吉一郎 出版記念セミナーのお知らせ
    「社長の賢い節税」出版を記念とした、税務対策セミナーです。 5月25日(大阪)、28日(東京)にて開催します。 ゲスト講師も登壇予定です。 詳細は追って連絡いたします。 主催:日本経営合理化協会

相続対策セミナーのお知らせ

  • 相続対策セミナーのお知らせ
    2021年度の日程が決定しました。6月8日(火)東京・オンライン、6月22日(火)大阪。 主催:日本経営合理化協会 詳細は追ってご連絡いたします。

古山喜章CD お金が残る決算書「100の打ち手」発売!

  • お金が残る決算書「100の打ち手」発売!
    1話5分完結で全100話収録! 会社を強くする決算書にするための具体策を、節税対策、銀行対策、危機対応、業種別対策など、7つの側面から、実例を交えて語ります。 移動時・在宅時などのすきま時間に、ぜひご活用ください。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 「地方自治体の事業仕分け」その2 | トップページ | 真の武士 »

2010年9月 7日 (火)

自分の引き出しを使いなさい

古山喜章です。

よく、引き出しが多いとか少ないとか、といった言葉が使われます。

人材育成の研修をしていて人事担当者が嘆くのは、
研修の場では、新たな知識や気づきを得て、新たな行動目標などを立案するものの、2~3日たてばすっかり忘れてしまい、もとの自分に戻ってしまっている、ということです。

いくら新たな引き出しができても、それを使わなければ意味がありません。
しばらく使わないうちに、どの引き出しに何が入っているのかわからなくなります。
そして、せっかく設けた新たな知識や気づきは、忘れられてしまいます。
で、1年後に同じことを学び、中身が同じ引き出しだけが増えていきます。
決して不真面目なわけではありません。

引き出しは、どこに何が入っているのか、即座にわかり、すぐにひっぱりだせるようにしておきたいものです。
そのためには、その引き出しを使うことです。
引き出しから、知識や気づきを出しては使い、使ってはもどし。
この繰り返しで、どこに何があるのか、知識や気づきの引き出しが整頓されていきます。

その結果、必要なときに、必要な知識を、引き出しからすぐに取り出すことができるようになっていきます。

もちろん、何よりもまず、引き出しをつくることが大切です。
しかし、その引き出しを活かすには、得たものを部下の前や仕事の場で使っていくことです。
知識や気づきを使って行動を起こすことです。
行動を起こさない限り、開かずの引き出しは増えるばかりなのです。

« 「地方自治体の事業仕分け」その2 | トップページ | 真の武士 »

人事・労務」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自分の引き出しを使いなさい:

« 「地方自治体の事業仕分け」その2 | トップページ | 真の武士 »

おすすめブログ

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック