サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

相続対策セミナーのお知らせ

  • 相続対策セミナーのお知らせ
    相続対策セミナーの日程が決定しました。 6月26日(水)東京、6月28日(金)大阪 主催:日本経営合理化協会 講師:古山喜章、福岡雄吉郎 詳細&お申し込みは改めてお知らせいたします。

ICO新刊発売のお知らせ!

井上和弘「経営革新全集」10巻完結記念講演会 CD発売!

  • 井上和弘「経営革新全集」10巻完結記念講演会 CD発売!
    2023年7月に開催され大好評を得た、井上和弘の記念講演セミナーを完全収録!全集のエッセンスを凝縮してお届けします! 移動中などにお聞きいただき、学びを深めてください。 動画でも視聴できるよう、購入者専用アクセスコードも入っております。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« ライブ動画配信「ユーストリーム」が動き出している | トップページ | 未収金を回収せよ »

2010年10月13日 (水)

金利交渉は前例づくりから

みなさん、こんにちは。ICOグループの内藤秀治です。

前回に引き続き、銀行との金利引き下げの交渉の話しを続けます。

前回にも申し上げました通り、銀行は横並び・前例主義ですので、今、いくらの金利で借入しているかを非常に気にします。
他行が高い金利で貸しているのに、自分のところだけ低い金利を提示してきません。
もちろんその逆もしかりです。他行が低い金利で貸していると、それと同じ金利を提示してきます。
「○○銀行さんは○%ですね、それより低い金利は勘弁してください。」
「○○銀行さんは○%ですね、そこまでは頑張ります。」
銀行交渉をすると必ず出てくる言葉です。

ということは、何はともあれ、まずは低い金利実績をつくることが大切です。
現在、メガバンクを中心に「全銀協TIBOR(東京銀行間取引金利)+スプレッド(上乗せ金利)」にて金利を決定することが一般的になっています。
全銀協TIBORとは、指定されたいくつかの有力銀行の金利を全国銀行協会が集計し発表しているもので、無担保コール市場の実勢を反映したものです。
「スプレッド」とは、安全性や収益性などの定量要因と経営者の能力や営業基盤などの定性要因から算出された企業ごとの上乗せ分です。信用力が高ければスプレッドは低く、信用力が低ければ高い金利が上乗せされます。
低い金利にするには、短期の少額でもいいので「TIBOR+スプレッド」で借入をするように交渉することが第一です。

平成22年10月13日発表の「TIBOR」は最も短い一週間物で0.13692%です。これに、上乗せ金利が仮に0.5%とすると、0.63692%で借入ができることになるのです。

是非とも一度銀行に行って交渉してみてください。

« ライブ動画配信「ユーストリーム」が動き出している | トップページ | 未収金を回収せよ »

銀行交渉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金利交渉は前例づくりから:

« ライブ動画配信「ユーストリーム」が動き出している | トップページ | 未収金を回収せよ »

2024年 ご挨拶動画

おすすめブログ

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック