サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 古山喜章の最新刊
    「社長の決算書の見方・読み方・磨き方」(著:古山喜章、発行:日本経営合理化協会)税込み15,660円 銀行対策、税務対策など、会計事務所任せではできない決算対策の実務を網羅した一冊!決算対策の新・バイブルです!

好評発売中!

  • 井上和弘の最新刊
    「承継と相続 おカネの実務」(著:井上和弘、発行:日本経営合理化協会) 税込14,580円。 著者の長年にわたる指導体験をもとに、オーナー社長の承継と相続対策の実務を惜しみなく著した、他の誰にも書けない、渾身の一冊です。

井上和弘次回セミナーのお知らせ!

  • 井上和弘次回セミナー日程のお知らせ
    平成30年6月5日(火)東京・27日(水)大阪にて、「高収益を稼ぎ出す、社員・組織の作り直し方」をテーマに開催します。 主催:日本経営合理化協会 詳細は改めてお知らせします。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 「業績先行管理経営の進め方」(その3) | トップページ | 電話加入権を売却する人、しない人 »

2010年10月21日 (木)

借入金を削減せよ

みなさん、こんにちは。ICOグループの内藤です。

ここ数回にわたり銀行との金利交渉の話をしてきましたが、金利交渉は言うまでもなく支払利息を削減し、収益性を高めるためのものです。

支払利息を削減する方法には、金利の引き下げと合わせて「借入金の削減」という方法があります。
そもそも借入金がなければ金利交渉もする必要がありません。

しかし、私の知っている多くの中小企業は必要のない借入金を抱えて、ムダな利息を払い続けています。しかも高い金利で・・・・・。

2008年秋のリーマンショックを契機とした、中小企業緊急融資で借入金を増やし、そのままにしているのです。
緊急融資が始まって1年半が過ぎましたが、そのまま借り続けている中小企業が多いのには驚きです。緊急対策の借入金ですから、あくまでも一時的なもののはずです。
緊急事態が一年以上続くはずはありません。少なくとも、この間、経営改善を続け、現状の環境に適応できるような企業体質になっているはずです。
緊急事態が終われば緊急資金は必要ありません。早速、借入金の返済に動きましょう。

しかし、借入金を返済しようとするとまたしても銀行の抵抗に遭います。

先日も支援先の社長が、「借入金を返済しようとしても銀行が認めてくれません。」と言ってきました。
「そんなことはないでしょう。」と言い、約定書を見せてもらうと「繰上げ弁済」の条項がありました。
「返済できるじゃないですか!」
ただし、手数料が必要ですが・・・・。

私の支援先の多くの会社は、手数料を支払ってでも借入金を返済しています。
その方が結局は企業にとって得だからです。

なぜなら・・・・・・。
その理由は次回説明します。

« 「業績先行管理経営の進め方」(その3) | トップページ | 電話加入権を売却する人、しない人 »

財務・会計・キャッシュフロー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165409/37331162

この記事へのトラックバック一覧です: 借入金を削減せよ:

« 「業績先行管理経営の進め方」(その3) | トップページ | 電話加入権を売却する人、しない人 »

おすすめブログ

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック