サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 福岡雄吉郎の最新刊
    11月25日発売!「社長の賢い節税」(著:福岡雄吉郎、発行:日本経営合理化教会) 社長が賢い節税をせずして、会社にも、社長にも、お金を十分に残すことはできません。数々の現場での、あっと驚く事例をもとに、お金を残すための具体策を、余すところなく披露します。

古山喜章CD お金が残る決算書「100の打ち手」発売!

  • お金が残る決算書「100の打ち手」発売!
    1話5分完結で全100話収録! 会社を強くする決算書にするための具体策を、節税対策、銀行対策、危機対応、業種別対策など、7つの側面から、実例を交えて語ります。 移動時・在宅時などのすきま時間に、ぜひご活用ください。

相続対策セミナーのお知らせ

  • 相続対策セミナーのお知らせ
    2021年度の日程が決定しました。6月8日(火)東京・オンライン、6月22日(火)大阪。 主催:日本経営合理化協会 詳細は追ってご連絡いたします。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 前年経営をするな | トップページ | 「業績先行管理経営の進め方」(その2) »

2010年10月 6日 (水)

銀行の正体

みなさん、こんにちは。ICOグループの内藤秀治です。

このたび日本銀行が、政策金利を0.0~0.1%に引き下げるというゼロ金利政策を発表しました。

政策金利が下がるということは、当然、預貯金金利も借入金利も下がるということですね。

先日このブログの中で、銀行との金利引き下げの交渉のお話しをしましたが、読者の方から「もう少し詳しく話が聞きたい」という要望をお聞きしましたので、これから何回かに分けて銀行との交渉のポイントをお話ししていきます。

銀行と交渉をするには、まずは交渉相手である銀行のことを理解しなければなりません。銀行とはどういうところかを考えていきましょう。

1.銀行は営利組織である
 銀行の特徴の第一は、われわれと同じ営利組織であることです。利益を稼ぐために活動しているのであって、奉仕活動をしているわけではありません。
当たり前なことですが、意外と勘違いしている方もいらっしゃるようです。
銀行はお金を貸して、その金利を収益源として経営をおこなっています。
したがって、安全な顧客にできるだけ多くのお金を、できるだけ長い間、できるだけ高い金利で貸し付けることが仕事なのです。あくまでも安全な顧客にです。
間違っても返済できそうにない会社にはお金を貸しません。営利組織にとって貸し倒れほど怖いものはありません。
先日、私のところに相談にこられた中小企業の社長が「銀行がお金を貸していくれない」とこぼしていました。まるで銀行が悪いように言っていましたが、それは銀行が悪いのではなく、銀行が貸したくない会社にした社長が悪いのです。
ただし、交渉の余地はありますが・・・。

2.銀行は規制業種である
 第二の特徴は規制業種であることです。銀行は銀行法(信用金庫は信用金庫法)という法律に則って運営されています。そして、金融庁の指導のもとで営業をしています。したがって、前例や横並びを好みます。自分だけ突出するのを嫌います。
先日もある会社の社長と銀行に金利交渉に行きましたが、「○○銀行と比べて・・・・」とか「他行のバランスを考えると・・・・」とか、自分以外のことを話の中に織り込んできます。
「他行のことは関係ないでしょう」というと支店長は苦笑いを浮かべていました。
また、ある銀行では「他行がこう言っているよ」というと、「ではそれに合わせましょう」と言ってきました。
規制業種で横並びというのが銀行なのです。

3.銀行にもいろいろある
 三つ目の特徴は、銀行にもいろいろあるということです。メガバンクと呼ばれる超大手銀行から地方銀行まで様々です。地方銀行の中にはかつて相互銀行と呼ばれていた銀行(いわゆる第二地銀)も入っており、体質は様々です。
また、正式には銀行ではありませんが、信用金庫、信用組合、政府系金融機関などの金融機関も広い意味では”銀行”といっても差支えないでしょう。現場では金融機関を総称して”銀行”という言葉を使います・・・。
そして、それぞれの立場でターゲット顧客を設定し、ターゲット顧客に合うサービスを提供しているのです。ターゲットに合う顧客に対してはいろんな提案をしていきますが、ターゲットでない会社には何の提案もしていきません。
中小企業には中小企業向けの銀行と取引をすべきなのです。

これら銀行の特徴を頭にいれて、対等の交渉を行いましょう。

« 前年経営をするな | トップページ | 「業績先行管理経営の進め方」(その2) »

銀行交渉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銀行の正体:

« 前年経営をするな | トップページ | 「業績先行管理経営の進め方」(その2) »

おすすめブログ

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック