サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 福岡雄吉郎の最新刊
    11月25日発売!「社長の賢い節税」(著:福岡雄吉郎、発行:日本経営合理化教会) 社長が賢い節税をせずして、会社にも、社長にも、お金を十分に残すことはできません。数々の現場での、あっと驚く事例をもとに、お金を残すための具体策を、余すところなく披露します。

古山喜章CD お金が残る決算書「100の打ち手」発売!

  • お金が残る決算書「100の打ち手」発売!
    1話5分完結で全100話収録! 会社を強くする決算書にするための具体策を、節税対策、銀行対策、危機対応、業種別対策など、7つの側面から、実例を交えて語ります。 移動時・在宅時などのすきま時間に、ぜひご活用ください。

相続対策セミナーのお知らせ

  • 相続対策セミナーのお知らせ
    2021年度の日程が決定しました。6月8日(火)東京・オンライン、6月22日(火)大阪。 主催:日本経営合理化協会 詳細は追ってご連絡いたします。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 繰り上げ返済のメリット | トップページ | 信号作戦で社内活性化 »

2010年11月 1日 (月)

人事考課表を見直していますか?

古山喜章です。

この時期になると、人事担当部署では、各管理者に人事考課表を配信します。
冬の評価を確定させ、賞与や昇進・異動、能力開発などに活用するためです。

しかし、「この考課表でいいのだろうか?」という疑問を感じている人事担当者の声をよく聞きます。
もう3年、5年、10年とほとんど同じ項目で、修正や見直しがされていない。
そのようなケースにお目にかかります。

3年以上前と、現在では、経営環境は明らかに異なります。
厳しいのです。

この厳しい経営環境のなかで、各人の行動は業績に貢献したのかどうか、を評価できるものに見直さねばなりません。

“○○○○ができる”
“△△△に意欲的である”
という、能力を保有しているかどうかよりも、

“○○○○を実行していた”
“△△△に取り組み実行した”
という、能力を発揮したかどうかにウェイトを置いてほしいですね。

そのためには、考課表の項目には、良好な業績に結びつく行動を明記すべきです。

かつては能力があり発揮していた人も、今となってはその能力を発揮していない人だっています。
経済成長期に作成された多くの人事考課表は、そのような方たちでも、よほどの失態がない限り、悪い評価にはなりません。
いわゆる中間的な評価を獲得してしまいます。

となると、本当に貢献している人材との評価の差は、さほど生じません。
これでは人材は育ちませんし、定着もしません。
定着するのは、いなくてもよい人材ばかりになってしまいます。
そしてさらに、厳しい賞与原資のなかで、メリハリをつけた支給ができなくなります。

考課項目を見直し、業績貢献に対して良い悪いがはっきりする内容に見直していくべきなのです。

« 繰り上げ返済のメリット | トップページ | 信号作戦で社内活性化 »

人事・労務」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人事考課表を見直していますか?:

« 繰り上げ返済のメリット | トップページ | 信号作戦で社内活性化 »

おすすめブログ

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック