サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 古山喜章の最新刊
    「社長の決算書の見方・読み方・磨き方」(著:古山喜章、発行:日本経営合理化協会)税込み15,660円 銀行対策、税務対策など、会計事務所任せではできない決算対策の実務を網羅した一冊!決算対策の新・バイブルです!

好評発売中!

  • 井上和弘の最新刊
    「承継と相続 おカネの実務」(著:井上和弘、発行:日本経営合理化協会) 税込14,580円。 著者の長年にわたる指導体験をもとに、オーナー社長の承継と相続対策の実務を惜しみなく著した、他の誰にも書けない、渾身の一冊です。

井上和弘次回セミナーのお知らせ!

  • 井上和弘次回セミナー日程のお知らせ
    平成30年3月7日(水)東京・13日(火)大阪にて、「事業承継の実務」をテーマに開催します。 主催:日本経営合理化協会 詳細・お申し込みは、こちらから。

古山喜章 出版記念セミナーのお知らせ

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 朝礼・終礼・ミーティングのポイント | トップページ | CCC(Cash Conversion Cycle) »

2010年11月11日 (木)

格付けのポイント(定量的要因)

みなさん、こんにちは。ICOグループの内藤秀治です。

前回のブログで、銀行が「定量的要因」と「定性的要因」によって企業を格付けしていることをお話ししましたが、今回はそのうち「定量的要因」の中身をもう少し詳しく見ていきます。

定量要因とは、決算書などの財務数値から算出した指標によって点数化するものです。
もちろん、銀行によって指標は異なりますが、概ね下記の項目で評価されるようです。

1.安全性項目
(1)自己資本比率(%)= 純資産÷総資本×100
(2)ギアリング比率(%)= 総負債÷純資産×100

2.収益性項目
(1)売上高経常利益率(%)= 経常利益÷売上高×100
(2)総資本経常利益率(%)= 経常利益÷総資本×100
(3)当期利益の推移

3.成長性項目
(1)経常利益増加率(%)
    = 当期経常利益÷前期経常利益×100
(2)自己資本額
(3)売上高

4.債務償還能力(返済能力)項目
(1)債務償還年数(年)
    = 有利子負債÷(営業利益+減価償却費)
(2)インタレスト・カバレッジ・レシオ(倍)
    =(営業利益+受取利息配当金)÷金融費用(支払利息・割引料)
(3)償却前営業利益

これらの指標を眺めてみると、
1.総資本を圧縮する
2.純資産の割合を増やす
3.営業利益・経常利益を増やす
4.借入金を減らす

つまり、不要な借入金を返済することが、格付けを高めることにつながるのです。

次回は「定性的要因」を見ていきます。

« 朝礼・終礼・ミーティングのポイント | トップページ | CCC(Cash Conversion Cycle) »

銀行交渉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165409/37615343

この記事へのトラックバック一覧です: 格付けのポイント(定量的要因):

« 朝礼・終礼・ミーティングのポイント | トップページ | CCC(Cash Conversion Cycle) »

おすすめブログ

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

最近のトラックバック