サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

相続対策セミナーのお知らせ

  • 相続対策セミナーのお知らせ
    相続対策セミナーの日程が決定しました。 6月26日(水)東京、6月28日(金)大阪 主催:日本経営合理化協会 講師:古山喜章、福岡雄吉郎 詳細&お申し込みは改めてお知らせいたします。

ICO新刊発売のお知らせ!

井上和弘「経営革新全集」10巻完結記念講演会 CD発売!

  • 井上和弘「経営革新全集」10巻完結記念講演会 CD発売!
    2023年7月に開催され大好評を得た、井上和弘の記念講演セミナーを完全収録!全集のエッセンスを凝縮してお届けします! 移動中などにお聞きいただき、学びを深めてください。 動画でも視聴できるよう、購入者専用アクセスコードも入っております。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 電子書籍元年で何がどう変わるか | トップページ | 人事考課で陥りやすいミス⑥ »

2010年12月15日 (水)

常に課題を考える

古山喜章です。

経営幹部の研修などで、
“職場の課題を3つ書いてください”
とお願いすると、
3つスラスラ書ける人、
2つまでスラスラ書いて考え込む人、
1つめがなかなか書けない人、
にわかれます。

1つめがなかなか書けない人は、だいたい、
“急に言われても”とか、
“わかっているんですけど、いざ文章にするとむつかしい”
と言われるケースが多いのです。

ということはつまり、
明確に3つスラスラ書ける人は、
急であろうとなかろうと、つねに言葉や文章として、
職場の課題を把握されている、
ということなのです。

書いてくださいと言われて考える、受身的な姿勢ではなく、
言われなくても考えている、主体的・能動的な姿勢なのです。

主体的・能動的に課題を考えている人は、
いつなんどきもその課題が頭のなかにあります。
なので、課題解決のヒントに気づく機会が多くなります。
もちろんそのヒントを活かす機会が増えてきます。
そういう人は、どんどん成長していきます。

逆に、受身的な人は、
課題が潜在意識にありませんから、
解決のヒントになるようなことと向き合っても、
そのことに気づきません。
成長の機会を自ら失っていきます。

各経営幹部に、職場の課題を3つ書いてもらう。
これだけで、その幹部人材の日頃の姿勢が見えてきます。

« 電子書籍元年で何がどう変わるか | トップページ | 人事考課で陥りやすいミス⑥ »

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 常に課題を考える:

« 電子書籍元年で何がどう変わるか | トップページ | 人事考課で陥りやすいミス⑥ »

2024年 ご挨拶動画

おすすめブログ

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック