サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

相続対策セミナーのお知らせ

  • 相続対策セミナーのお知らせ
    相続対策セミナーの日程が決定しました。 6月26日(水)東京、6月28日(金)大阪 主催:日本経営合理化協会 講師:古山喜章、福岡雄吉郎 詳細&お申し込みは改めてお知らせいたします。

ICO新刊発売のお知らせ!

井上和弘「経営革新全集」10巻完結記念講演会 CD発売!

  • 井上和弘「経営革新全集」10巻完結記念講演会 CD発売!
    2023年7月に開催され大好評を得た、井上和弘の記念講演セミナーを完全収録!全集のエッセンスを凝縮してお届けします! 移動中などにお聞きいただき、学びを深めてください。 動画でも視聴できるよう、購入者専用アクセスコードも入っております。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 年末年始に気を付けたいこと ① | トップページ | 高校生雇用時の注意事項 »

2010年12月28日 (火)

年末年始に気を付けたいこと ②

古山喜章です。

「年末年始の在庫管理」
業績は厳しくとも、やはり年末年始になると在庫が増えてきます。
で、気が付くと、1ケ月、2ケ月かかっても消化しきれない在庫がある、
などということも、よく見受けます。

もちろん、発注そのものが多過ぎた、ということもあるでしょう。

それに加えて、物量が増えてくると起こりがちなのが、棚卸モレ、です。
普段より数が多い分、いつもの置き場におさまらず、あちらこちらに資材が分散し、
棚卸のときにモレてしまう、というパターンです。

もっとヒドイのは、数えモレをした数字をもとに、新たに追加発注してしまう、というものです。
ますます在庫が膨らんでしまいます。

そのようなことをする従業員の頭の中には、どこかに、
どうせ使うものだから注文しておこう、
という意識があるものです。

シーズンものの資材であっても、
また来年使えばいいだろう、という考えがあるのです。

このような考えは禁物です。

結局1年後にはデザインが変わって使えなくなってしまう、
在庫があることを忘れてしまう、
保管状況が悪くて、選別しないと使えなくなってしまう、
というようなことが起こってきます。

そして何より、資金を寝かせてしまう、ということに対する意識が全くありません。

読みを間違えて繁忙期だけ使用する資材が残ってっしまう、ということは往々にしてあります。
そのようなときは、来年のために置くのではなく、在庫を処分して特別損失をだし、税引き前利益を少しでも少なくしたほうが、キャッシュは残ります。

そのような発想をもった発注担当者は、マレなのです。

多すぎる在庫は処分させ、発注精度の見直しをさせるほうがよほど効果的なのです。
年末年始の不要な在庫は一か所に集めて写真をとり、特別損失の要因として活用ください。

« 年末年始に気を付けたいこと ① | トップページ | 高校生雇用時の注意事項 »

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年末年始に気を付けたいこと ②:

« 年末年始に気を付けたいこと ① | トップページ | 高校生雇用時の注意事項 »

2024年 ご挨拶動画

おすすめブログ

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック