サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 福岡雄吉郎の最新刊
    好評発売中! 「社長の賢い節税」(著:福岡雄吉郎、発行:日本経営合理化教会) 社長が賢い節税をせずして、会社にも、社長にも、お金を十分に残すことはできません。数々の現場での、あっと驚く事例をもとに、お金を残すための具体策を、余すところなく披露します。

福岡雄吉郎 出版記念セミナーのお知らせ!

  • 福岡雄吉一郎 出版記念セミナーのお知らせ
    「社長の賢い節税」出版を記念とした、税務対策セミナーです。 5月25日(大阪)、28日(東京)にて開催します。 ゲスト講師も登壇予定です。 詳細は追って連絡いたします。 主催:日本経営合理化協会

相続対策セミナーのお知らせ

  • 相続対策セミナーのお知らせ
    2021年度の日程が決定しました。6月8日(火)東京・オンライン、6月22日(火)大阪。 主催:日本経営合理化協会 詳細は追ってご連絡いたします。

古山喜章CD お金が残る決算書「100の打ち手」発売!

  • お金が残る決算書「100の打ち手」発売!
    1話5分完結で全100話収録! 会社を強くする決算書にするための具体策を、節税対策、銀行対策、危機対応、業種別対策など、7つの側面から、実例を交えて語ります。 移動時・在宅時などのすきま時間に、ぜひご活用ください。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« サントリーウイスキーのようなサラリーマン | トップページ | 部下指導は上司の責任 »

2011年1月14日 (金)

ビジネスマインドとサラリーマン根性

古山喜章です。

前回、「サラリーマン根性」という言葉をとりあげました。
経営にとって、マイナスに働く意識を表します。

逆に、プラスの意味で使われる言葉に、
「ビジネスマインド」という言葉があります。

どちらも、社員の意識を表す言葉として使われます。

どのように違うかと考えてみました。

サラリーマン根性の強い社員は、

1)リスクを取らない
2)日常業務の繰り返し
3)報酬は労働の対価
4)守り一辺倒
5)つねに自分のことだけ
6)仕事はお金を得る手段
7)常に楽したい
8)仕事は仕事、遊びは遊び
9)仕事は与えられるもの

一方、ビジネスマインドの強い社員は、

1)リスクを背負います
2)変化に対応することをいとわない
3)報酬は業績・成果の対価
4)攻めと守りをバランスする
5)つねに全体を考える
6)仕事はお役立ちの手段
7)常に問題・課題を見出す
8)仕事は仕事、遊びも仕事
9)仕事は見出すもの

どこの企業にも、
このふたつのタイプの人材がおられるのではないでしょうか。
どのような部署、職位であっても、
その役割、責任をどれだけ自覚しているか。
その意識によって、企業が発揮する能力・成果は大きく異なってきます。

みこしを担がず、かけ声だけの社員ばかりでは、何事も前へは進まないのです。

« サントリーウイスキーのようなサラリーマン | トップページ | 部下指導は上司の責任 »

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビジネスマインドとサラリーマン根性:

« サントリーウイスキーのようなサラリーマン | トップページ | 部下指導は上司の責任 »

おすすめブログ

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック