サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

相続対策セミナーのお知らせ

  • 相続対策セミナーのお知らせ
    相続対策セミナーの日程が決定しました。 6月26日(水)東京、6月28日(金)大阪 主催:日本経営合理化協会 講師:古山喜章、福岡雄吉郎 詳細&お申し込みは改めてお知らせいたします。

ICO新刊発売のお知らせ!

井上和弘「経営革新全集」10巻完結記念講演会 CD発売!

  • 井上和弘「経営革新全集」10巻完結記念講演会 CD発売!
    2023年7月に開催され大好評を得た、井上和弘の記念講演セミナーを完全収録!全集のエッセンスを凝縮してお届けします! 移動中などにお聞きいただき、学びを深めてください。 動画でも視聴できるよう、購入者専用アクセスコードも入っております。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 周年を経営に活かす | トップページ | 実は知らなかった労務管理 ⑤社会保険 »

2011年1月27日 (木)

企業の使命を明確にせよ

みなさん、こんにちは。ICOグループの内藤秀治です。

以前にこのブログでも書きましたが、かつて銀行が販売したデリバティブ商品の損失が問題視され金融庁が銀行に対して聞き取り調査を行いました。

その調査によると、約1万9,000社の中小企業が多額の含み損のある為替デリバティブ(金融派生商品)を保有しているそうです。

本業は順調に推移しているのにです・・・・。

むしろ、本業が順調であるからこそ銀行も融資をしてまでデリバティブをすすめたのでしょう。

メガバンクは世論の声を意識してか金融庁の圧力かわかりませんが、資金繰り融資をおこなうことで収拾を図ろうとしています。

私は、「銀行は自分たちの利益を追求する組織であって、中小企業の味方ではありません。」と言っていますが、今回の問題はまさにそれが露呈したものだと思っています。

しかし、今回の損失についてはすべて銀行が悪いのかといえば必ずしもそうではないと思います。結局は、投機(バクチ)に走った経営者が悪いのです。
銀行の甘い言葉に乗せられて、リスク認識もしないまま、借金をしてまで博打商品を買い込んだ社長の責任なのです。

「飲む、打つ、買う」という言葉がありますように、博打(投機)は人間の道楽のひとつであり、社長も「楽して儲けたい」と考えているところに甘い話があるとつい乗ってしまうというのも人情的にわからなくもありません。

しかし、少なくとも会社のお金で博打を打つのは社長失格です。
どうしてもやりたいのなら、会社のお金ではなく、個人のお金を使いべきです。

私は数年前に「中小企業のための環境ビジネス”7つの成功法則”」という本を出版しました。
その中で、成功する中小企業の条件として「ミッション(使命感)」を最初に掲げました。

自社の存在意義や目指すべきあるべき姿、これらのミッションがなければ、「苦労を乗りけることはできないし、甘い言葉に足をすくわれますよ!」と提言しました。

この世に甘い儲け話などありません。
お客様に会社の付け加える価値を認められて初めて儲けることができるのです。

「あなたの会社の存在価値は何ですか?」

「あなたの会社の使命は何ですか?」

胸を張って答えられますか?

もう一度、原点に返って会社のミッション(使命感)を明確にしましょう。

« 周年を経営に活かす | トップページ | 実は知らなかった労務管理 ⑤社会保険 »

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 企業の使命を明確にせよ:

« 周年を経営に活かす | トップページ | 実は知らなかった労務管理 ⑤社会保険 »

2024年 ご挨拶動画

おすすめブログ

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック