サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

相続対策セミナーのお知らせ

  • 相続対策セミナーのお知らせ
    相続対策セミナーの日程が決定しました。 6月26日(水)東京、6月28日(金)大阪 主催:日本経営合理化協会 講師:古山喜章、福岡雄吉郎 詳細&お申し込みは改めてお知らせいたします。

ICO新刊発売のお知らせ!

井上和弘「経営革新全集」10巻完結記念講演会 CD発売!

  • 井上和弘「経営革新全集」10巻完結記念講演会 CD発売!
    2023年7月に開催され大好評を得た、井上和弘の記念講演セミナーを完全収録!全集のエッセンスを凝縮してお届けします! 移動中などにお聞きいただき、学びを深めてください。 動画でも視聴できるよう、購入者専用アクセスコードも入っております。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« タッチパネル型 自動販売機 | トップページ | 会議の報告書 »

2011年2月28日 (月)

ニンテンドー 3Dゲーム機へ二回目の挑戦

古山喜章です。

ニンテンドーの3DSが発売されました。
裸眼で楽しめる3D携帯ゲーム機、ということで、
私も現物を手にしてみました。
なかなかの立体感です。

私はゲームはやりませんが、
新しい商品や、これまでになかった商品、
は気になるものです。

ただ、ニンテンドーが3Dゲーム機を発売するのは、
これが2回目、ということは結構忘れられています。

1995年に発売された、
「バーチャル・ボーイ」というゲーム機です。
ほとんど売れませんでした。

二本足で据え置いた、大きなゴーグルを覗き込みながら、
コントローラーを操作する、というもので、
とにかく大がかりで面倒くさい。

アメリカでのゲームショーでは、
スティーブン・スピルバーグやジョージ・ルーカスが
その立体感に驚いていたそうですが、
顧客の支持は得られなかったというわけです。

そのときの大失敗があったからこそ、
裸眼での3D、
ということに徹底できたのではないでしょうか。

その大失敗作「バーチャル・ボーイ」を開発したのは、
それを最後にニンテンドーを去り、
惜しくもその2年後に交通事故で亡くなった横井軍平氏です。

ウルトラハンド、ウルトラマシン、
光線銃SP、レーザークレー
ゲーム・ウォッチ、ファミコン、ゲーム・ボーイなど

任天堂にこの開発者あり、といわれた人物です。
数々の商品開発にあたって、
「枯れた技術の水平思考」という言葉を残しています。

全く新たな技術ではなく、すでにある技術を組合わせて、
これまでにない商品を考える、というものですね。
そのほうが、圧倒的にコストが安くすむからです。

おそらく今回の3DSにも、
そのDNAが生きているような気がします。

初回出荷分40万台は初日完売だとか。
(1台25000円だから、・・・)
近々に、アメリカ、ヨーロッパでも発売されるそうです。
今は亡き横井氏の表情を見てみたいものです。

« タッチパネル型 自動販売機 | トップページ | 会議の報告書 »

商品開発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニンテンドー 3Dゲーム機へ二回目の挑戦:

« タッチパネル型 自動販売機 | トップページ | 会議の報告書 »

2024年 ご挨拶動画

おすすめブログ

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック