サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

相続対策セミナーのお知らせ

  • 相続対策セミナーのお知らせ
    相続対策セミナーの日程が決定しました。 6月26日(水)東京、6月28日(金)大阪 主催:日本経営合理化協会 講師:古山喜章、福岡雄吉郎 詳細&お申し込みは改めてお知らせいたします。

ICO新刊発売のお知らせ!

井上和弘「経営革新全集」10巻完結記念講演会 CD発売!

  • 井上和弘「経営革新全集」10巻完結記念講演会 CD発売!
    2023年7月に開催され大好評を得た、井上和弘の記念講演セミナーを完全収録!全集のエッセンスを凝縮してお届けします! 移動中などにお聞きいただき、学びを深めてください。 動画でも視聴できるよう、購入者専用アクセスコードも入っております。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 借入増大、売上激減 の恐さ | トップページ | 会社のクセ »

2011年5月 6日 (金)

上司が現場を知らないと、ムダのもと①

古山喜章です。

経営指導のなかで現場実務を見たときに、
やらなくてもよい、ムダな作業を目にすることがあります。

その場合、
上司がその現場実務をくわしく知らない、
上司はその現場実務をやったことがない、
という場合が多いです。

先日もある経理社員が、
経理システムのボタンひとつで作成できる帳票を、
別途にエクセルで作成していることがありました。

「この資料って、システムのこのボタンでできるよ」
とその社員に言ったところ、
「そうですね、同じですね。
 でも、ちょっとレイアウトが違って見ずらいんです。」
「あ、そう、で、誰が見るの?」
「えっ、私だけです。確認のために見ます。」
「どれくらいの頻度で見るの」
「まぁ、なにかあったときに・・・」

といった感じなのです。
必要のない作業や仕事を、なんだかんだと理由をつけて、
実務担当者が作ってしまっているケースの代表例です。

作らなくてもよい帳票を、作っていたわけです。
しかも担当者は、そのことをうすうすわかっているのです。

ところが上司は、ボタンひとつでできるとはわからないし、
ひどい場合は、なんのための資料かもわからない。
レイアウトがきれいな資料をみて、
「おぉ~、よくやってくれているなぁ」
と、勘違いしてしまっているのです。

上司が現場を知らないと、ムダのもとです。
初めてその現場担当者に接した私がわかることを、
毎日接していても、わからないのですから。

自分でやったことがなくても、
1)どのシステムや機械・設備で何ができるのか、
2)どの資料が何のために必要なのか、
程度のことは、担当者に教えてもらって、
現場を知る努力をするべきです。
そして、疑問や問題点、課題を見出すべきです。

部下も、上司が実務を理解していないことをわかっています。
実務を知らない上司を言いくるめるのは、
部下にとってはたやすいことです。

上司が実務を理解していれば、
担当者もムダな作業を作ろうとはしません。
それだけで、チェック機能が働くわけです。

現場を知らない上司は、いませんか?

« 借入増大、売上激減 の恐さ | トップページ | 会社のクセ »

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上司が現場を知らないと、ムダのもと①:

« 借入増大、売上激減 の恐さ | トップページ | 会社のクセ »

2024年 ご挨拶動画

おすすめブログ

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック