サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 福岡雄吉郎の最新刊
    好評発売中! 「社長の賢い節税」(著:福岡雄吉郎、発行:日本経営合理化教会) 社長が賢い節税をせずして、会社にも、社長にも、お金を十分に残すことはできません。数々の現場での、あっと驚く事例をもとに、お金を残すための具体策を、余すところなく披露します。

福岡雄吉郎 出版記念セミナーのお知らせ!

  • 福岡雄吉一郎 出版記念セミナーのお知らせ
    「社長の賢い節税」出版を記念とした、税務対策セミナーです。 5月25日(大阪)、28日(東京)にて開催します。 ゲスト講師も登壇予定です。 詳細は追って連絡いたします。 主催:日本経営合理化協会

相続対策セミナーのお知らせ

  • 相続対策セミナーのお知らせ
    2021年度の日程が決定しました。6月8日(火)東京・オンライン、6月22日(火)大阪。 主催:日本経営合理化協会 詳細は追ってご連絡いたします。

古山喜章CD お金が残る決算書「100の打ち手」発売!

  • お金が残る決算書「100の打ち手」発売!
    1話5分完結で全100話収録! 会社を強くする決算書にするための具体策を、節税対策、銀行対策、危機対応、業種別対策など、7つの側面から、実例を交えて語ります。 移動時・在宅時などのすきま時間に、ぜひご活用ください。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 人はルールを破るもの | トップページ | QC活動の悪いクセ »

2011年5月11日 (水)

使命感と業績意識

古山喜章です。

使命感と業績意識を両立できる人材は、
意外に少ないものです。

例えば、医療・介護業界の場合。
そもそも強い使命感をもって、その業界に入ります。
なので、使命感は人一倍に強い。
が、業績意識のカケラもない、ということがあります。

「経営がうまくいかないのは、事務方のやり方が悪い」
「私たちは一生懸命やっている」
「利益や儲けなんて、そんなことを考えてこの仕事はできません」
と平気でいう人がいます。

利益や業績のことを考えると、
患者への裏切り行為をしているように思っておられます。
大きな勘違いです。

でも、
給料はあげてほしいし、
新たな機械や設備も入れてほしいのです。

組織の中の、
限られた人だけが業績意識を持っていても、
得られる利益は限られてきます。

大きな利益を得るためには、
より多くの人材が業績意識を持ち、
より多くの行動にうつすことです。

医療・介護に携わる人たちは、
圧倒的に強い使命感を持っておられます。

その強い使命感に、業績意識が加われば、
鬼に金棒なのです。
が、ねぇ・・・。

« 人はルールを破るもの | トップページ | QC活動の悪いクセ »

経営」カテゴリの記事

コメント

古山さんへ

医療・福祉業界における「利益」という表現はタブーになっていたんじゃないでしょうか?

その原因は経営ではなく運営だったから。

先日、ある経済誌にJAL会長の稲盛氏の記事が掲載されていました。

その中で、稲盛会長は「利益なくして安全無し」と断言されていました。

まさに、その通り。

利益が出ない限り、サービス向上のための投資は出来っこない。

同じことが医療・福祉業界にも該当し、「利益なくして安全(快適)なし」ですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 使命感と業績意識:

« 人はルールを破るもの | トップページ | QC活動の悪いクセ »

おすすめブログ

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック