サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

相続対策セミナーのお知らせ

  • 相続対策セミナーのお知らせ
    相続対策セミナーの日程が決定しました。 6月26日(水)東京、6月28日(金)大阪 主催:日本経営合理化協会 講師:古山喜章、福岡雄吉郎 詳細&お申し込みは改めてお知らせいたします。

ICO新刊発売のお知らせ!

井上和弘「経営革新全集」10巻完結記念講演会 CD発売!

  • 井上和弘「経営革新全集」10巻完結記念講演会 CD発売!
    2023年7月に開催され大好評を得た、井上和弘の記念講演セミナーを完全収録!全集のエッセンスを凝縮してお届けします! 移動中などにお聞きいただき、学びを深めてください。 動画でも視聴できるよう、購入者専用アクセスコードも入っております。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 使命感と業績意識 | トップページ | 倒産の動向 »

2011年5月12日 (木)

QC活動の悪いクセ

古山喜章です。

QC活動の指導をしていると、
目標を意図的に低く設定するサークルが出てきます。

目標を達成した、という形に整えるため、
あれやこれやと悪知恵を働かせます。
QC活動の悪いクセです。

ある課題に対して目標設定するには、
1)現状を把握する
2)目標を設定する
3)目標達成の対策を検討する
となります。

ところが、
1)現状を把握する
2)対策を検討する
3)対策での到達点を目標とする
と考えるサークルが出てくるのです。

つまり、やみくもに対策を立て、
行き着きそうなところを目標とするのです。
いわば、行き当たりばったり、ですね。

なのに、発表のときには、
1)現状を把握する
2)目標を設定する
3)目標達成の対策を検討する
と進めたように発表するのです。
これは始末が悪い!

あるべき姿を模索して目標設定するのではなく、
なるべき姿から目標地点を逆算しているだけです。

これでは、問題解決・課題解決の力は、
一向に身に付きません。
QC活動は、現場での問題解決力や、
課題達成力を高めるためのものなのです。

QC活動を推進する人たちは、
そのような悪知恵を働かせているサークルがないか、
厳しくチェックしておく必要があります。

« 使命感と業績意識 | トップページ | 倒産の動向 »

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: QC活動の悪いクセ:

« 使命感と業績意識 | トップページ | 倒産の動向 »

2024年 ご挨拶動画

おすすめブログ

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック