サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

「井上和弘の経営革新全集完結記念セミナー」のお知らせ

福岡雄吉郎 「賢い節税セミナー」終わりました。

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 井上和弘 経営革新全集第10巻 好評発売中!
    井上和弘 経営革新全集 第10巻(著:井上和弘、発行:日本経営合理化教会)「社長の財務戦略」 経営コンサルタントとして約40年前のインフレ期を経験した著者が、来るべきインフレ期へ向けて、中小企業の経営者に対応の要点を熱く語る内容を新たに書き下ろしました。ファン必携の、全集最終巻です。

古山喜章CD お金が残る決算書「100の打ち手」発売!

  • お金が残る決算書「100の打ち手」発売!
    1話5分完結で全100話収録! 会社を強くする決算書にするための具体策を、節税対策、銀行対策、危機対応、業種別対策など、7つの側面から、実例を交えて語ります。 移動時・在宅時などのすきま時間に、ぜひご活用ください。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« B/S面積グラフを作ってみよう⑤ | トップページ | サービス業における、“人”の問題① »

2011年6月30日 (木)

原価を下げるには現状をつかむ

古山喜章です。

売上が思うように伸びず、
苦戦されている企業が多いです。
今の環境下、売上は簡単には伸びません。

それでも利益は確保しなければならない。
ならば、損益分岐点を下げて、
売上が上がらなくても、
必要な利益が確保できる体質に、
変えてゆく必要があります。

そのためにはまず、売上に比例する、
変動費を下げたいところです。
いわゆる、原材料費(=原価)ですね。
同じ売上であっても、
より多くの粗利益を確保したいわけです。

ところが、工場や店舗のリーダークラスは、
どの商品にいくらの原材料費がかかっているか、
知らない方が意外に多い。

原価の合計は、商品構成で決まります。
原価の高い商品の構成比率が高ければ、
当然、原価も高くなるのです。

目指したいのは、原価の低い商品の、
全体に対する構成比率を高めて、
トータルの原価が下がる、という状態です。

どの商品が儲かるのか。
どの商品が儲からないのか。
まず、この現状把握をしなければ、
原価を下げるための、具体策に結び付きません。

商品ごとの原価を把握したうえで、
「あの商品を、こんな方法で伸ばしてゆこう」
「この商品は、原価が高いからやめてしまおう」
といった、効果的な実践策が生まれます。

具体的な現状把握をする。
これがなくして思いだけでは、
事は前へと進まないのです。

« B/S面積グラフを作ってみよう⑤ | トップページ | サービス業における、“人”の問題① »

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 原価を下げるには現状をつかむ:

« B/S面積グラフを作ってみよう⑤ | トップページ | サービス業における、“人”の問題① »

2023年 ご挨拶動画

おすすめブログ

2023年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

2022年 ご挨拶動画

  • 2022年 ご挨拶動画
    アイシーオーメンバーより皆様へ、新年ご挨拶とともに、2022年に進めてほしいことを、お伝えします。