サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 福岡雄吉郎の最新刊
    好評発売中! 「社長の賢い節税」(著:福岡雄吉郎、発行:日本経営合理化教会) 社長が賢い節税をせずして、会社にも、社長にも、お金を十分に残すことはできません。数々の現場での、あっと驚く事例をもとに、お金を残すための具体策を、余すところなく披露します。

福岡雄吉郎 出版記念セミナーのお知らせ!

  • 福岡雄吉一郎 出版記念セミナーのお知らせ
    「社長の賢い節税」出版を記念とした、税務対策セミナーです。 5月25日(大阪)、28日(東京)にて開催します。 ゲスト講師も登壇予定です。 詳細は追って連絡いたします。 主催:日本経営合理化協会

相続対策セミナーのお知らせ

  • 相続対策セミナーのお知らせ
    2021年度の日程が決定しました。6月8日(火)東京・オンライン、6月22日(火)大阪。 主催:日本経営合理化協会 詳細は追ってご連絡いたします。

古山喜章CD お金が残る決算書「100の打ち手」発売!

  • お金が残る決算書「100の打ち手」発売!
    1話5分完結で全100話収録! 会社を強くする決算書にするための具体策を、節税対策、銀行対策、危機対応、業種別対策など、7つの側面から、実例を交えて語ります。 移動時・在宅時などのすきま時間に、ぜひご活用ください。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« アイテム数を減らす企業が増えてきた | トップページ | 勤・倹・譲 »

2011年6月16日 (木)

商売の原点

ICOの森垣英和です。

先日、インドでビジネスをしている友人が久し振りに帰国し、食事を一緒にしました。
友人曰く、
「インド人と商売するのは疲れるワ。しかし、商売のコツが掴めたらおもしろいワ。」
「どこがおもしろいねん?」と私。

友人によると、インド人の商売の特長として
①商売のためにはウソ(方便)を平気でいう。自分のペースにもって行くためなら、騙しても神は許し給うと本気で思っている。騙されるほうが悪い。
②契約違反をしても決して謝らない。相手にも非がある。失敗しても指示や伝え方に問題があると主張する、状況が変わったと言い張る。
③徹底した金銭感覚、ビジネスは儲かって何ぼの世界である
④しつこいと思われても、めげない。しつこいのは商売熱心の表れである
⑤値段は相手によって変える。取れる人間からはより多く取る。それは当たり前ではないか
⑥最初は安く価格を提示して徐々に値を上げる。逆に、ふっかけて後で値を下げる。価格は商売の重要な武器、うまく使わないと損である
⑦より沢山を売ろうとする。靴を買いに来た人に、サンダルもどうですかと売りつける。断られてももともとである
⑧自分の都合が悪くなったら、話題をタイミングよく変える。そんなことはなかったごとく次の話題にもってゆく
商談をしていると「笑ってしまうワ」と友人。

しかし、そういう商売のやり方は、昔、日本でも見られた日常的なことだったような気がします。
「そういうやり取りや駆け引きが商売の原点やった時もあったんちがうか。商売に対するエネルギー、バイタリティが段々無くなって来ているなあ、日本では」と友人との会話が続いてゆきます。

戦略マトリックス、ソリューション営業、カストマーバリュー・チェーンなど難しいマーケティング理論、手法も重要ですが「売る」、「買う」の経済行為を一生懸命、熱心に自らを動機付けそれを継続させる、そして利益に結びつける。
友人の、インド人との商売に学ぶところが少なからずあるように思います。

« アイテム数を減らす企業が増えてきた | トップページ | 勤・倹・譲 »

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 商売の原点:

« アイテム数を減らす企業が増えてきた | トップページ | 勤・倹・譲 »

おすすめブログ

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック