サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 福岡雄吉郎の最新刊
    11月25日発売!「社長の賢い節税」(著:福岡雄吉郎、発行:日本経営合理化教会) 社長が賢い節税をせずして、会社にも、社長にも、お金を十分に残すことはできません。数々の現場での、あっと驚く事例をもとに、お金を残すための具体策を、余すところなく披露します。

古山喜章CD お金が残る決算書「100の打ち手」発売!

  • お金が残る決算書「100の打ち手」発売!
    1話5分完結で全100話収録! 会社を強くする決算書にするための具体策を、節税対策、銀行対策、危機対応、業種別対策など、7つの側面から、実例を交えて語ります。 移動時・在宅時などのすきま時間に、ぜひご活用ください。

相続対策セミナーのお知らせ

  • 相続対策セミナーのお知らせ
    2021年度の日程が決定しました。6月8日(火)東京・オンライン、6月22日(火)大阪。 主催:日本経営合理化協会 詳細は追ってご連絡いたします。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« お別れ会 | トップページ | 出会いを生かす人 »

2011年6月 1日 (水)

経営者を惑わせる、銀行のささやき②

古山喜章です。

企業への融資のために、
銀行はあの手この手で経営者に
ささやいてきます。

この言葉もよく聞きます。
「少しの間だけでいいですから」
銀行の決算期、3月下旬頃にこの言葉が
あちらこちらでささやかれます。

要は、銀行自身の決算期の数値をよくしたい。
貸し出している金額を少しでも大きくしたい、
いわば、貸借対照表をより健全なものにしたい、
ということです。

で、借りてしまう。
驚くのは、
こちらも3月末決算なのに、銀行のささやきに
負けて借りてしまう、というパターンです。

銀行が貸したいのは、財務でいえば、
余分な贅肉の部分です。
その贅肉を預かり、一時的とはいうものの、
それが自社の決算書に反映されます。

他の銀行との交渉時等には、その決算書を
見て判断されます。
一時的とはいうものの、
自社の借入金は膨れ上がり、
自己資本比率は下がります。
当然、格付け評価の下がる要因となります。

で、これはかくかくしかじかの理由で、
と社長が説明すると、
その銀行も、3月下旬になると、
冒頭のセリフをささやいてくるのです。
この会社はお願いすれば聞いてもらえそうだ、
と判断されるわけです。

例えこちらが3月末決算でなくても、
金利は発生しますし、プラスのことは何もありません。

さらにたちの悪いささやきは、
「このまま持っておかれたらどうですか?」
というものです。
で結局、必要もないのに借入金が増えてしまうのです。

"不要な借入れは絶対にしない"、
「それがわが社の考え方です」
と、社長は自信を持って対応するべきなのです。

« お別れ会 | トップページ | 出会いを生かす人 »

銀行交渉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 経営者を惑わせる、銀行のささやき②:

« お別れ会 | トップページ | 出会いを生かす人 »

おすすめブログ

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック