サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 古山喜章の最新刊
    「社長の決算書の見方・読み方・磨き方」(著:古山喜章、発行:日本経営合理化協会)税込み15,660円 銀行対策、税務対策など、会計事務所任せではできない決算対策の実務を網羅した一冊!決算対策の新・バイブルです!

好評発売中!

  • 井上和弘の最新刊
    「承継と相続 おカネの実務」(著:井上和弘、発行:日本経営合理化協会) 税込14,580円。 著者の長年にわたる指導体験をもとに、オーナー社長の承継と相続対策の実務を惜しみなく著した、他の誰にも書けない、渾身の一冊です。

古山喜章 出版記念セミナーのお知らせ

井上和弘次回セミナーのお知らせ!

  • 井上和弘次回セミナー日程のお知らせ
    平成30年6月5日(火)東京・27日(水)大阪にて、「高収益を稼ぎ出す、社員・組織の作り直し方」をテーマに開催します。 主催:日本経営合理化協会 詳細は改めてお知らせします。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 残念な会社 | トップページ | 頑張れなでしこ日本、INAC(その1 世界一後のINAC) »

2011年8月 1日 (月)

店舗の在庫を減らせ!

古山喜章です。

多店舗展開している企業の多くが、
“店舗での在庫が多い”
という問題に悩まされています。

特に食品を扱う企業では、
品質期限、という定めがあるので、
多い在庫はコストアップに直結します。

店舗の在庫が多いと起こる弊害
①お客様のもとに新鮮なものが届かない。
②期限切れとなってロスになり、原価を上げる要因となる。
③無理に売ろうとして安売りになり、原価を上げる要因となる。
④置き場所が増え、取り出しにくい、戻しにくい、棚卸モレ、数え間違い、などの原因となる。
⑤原価管理の意識がゆるみ、レシピ通りに作る意識が薄れてロスの要因となる。
⑥持ち出し、横流し、などを引き起こす原因となりうる。

といったことを、いくら口酸っぱく伝えても、
“在庫が多い方が便利じゃないか”
というスタッフがいて困ります。

在庫が増えてしまう職場に共通する言い訳
①「ないよりあった方が便利なので」
②「売り切れがあってはお客様に迷惑をかけるので」
③「売り逃がしをしたくないので」
④「ない、と思って発注したら、あとから出てきた」
⑤「数え間違えていました」
⑥「単位を間違えていました」
⑦「数えモレていました」

などなど、
まあよくもそれだけ思いつくもんだ、
と感心してしまいます。

売り切れ・売り逃がしのリスクは大きいものの、
在庫が増えるリスクは、もっと大きいのです。

加えて、人間は必ずミスや間違いを起こします。
在庫管理が完全にシステム化できず、
人海戦術的に行う限り、
“在庫を減らせ!”
ということを、言い続けるしかないのです。

« 残念な会社 | トップページ | 頑張れなでしこ日本、INAC(その1 世界一後のINAC) »

財務・会計・キャッシュフロー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165409/41029979

この記事へのトラックバック一覧です: 店舗の在庫を減らせ!:

« 残念な会社 | トップページ | 頑張れなでしこ日本、INAC(その1 世界一後のINAC) »

おすすめブログ

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック