サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 古山喜章の最新刊
    「社長の決算書の見方・読み方・磨き方」(著:古山喜章、発行:日本経営合理化協会)税込み15,660円 銀行対策、税務対策など、会計事務所任せではできない決算対策の実務を網羅した一冊!決算対策の新・バイブルです!

好評発売中!

  • 井上和弘の最新刊
    「承継と相続 おカネの実務」(著:井上和弘、発行:日本経営合理化協会) 税込14,580円。 著者の長年にわたる指導体験をもとに、オーナー社長の承継と相続対策の実務を惜しみなく著した、他の誰にも書けない、渾身の一冊です。

井上和弘次回セミナーのお知らせ!

  • 井上和弘次回セミナー日程のお知らせ
    平成30年3月7日(水)東京・13日(火)大阪にて、「事業承継の実務」をテーマに開催します。 主催:日本経営合理化協会 詳細・お申し込みは、こちらから。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 食中毒予防の三原則って何ですか? | トップページ | スカイプのテレビ会議を活用せよ! »

2011年9月30日 (金)

資金繰りを知らない社員たち

古山喜章です。

“売上がとれればお金が入る”
そう思っている社員の、なんと多いことか。

これは、ほとんどの社員が「資金繰り」という概念を
持ち備えていないことに起因しています。

簡単に言えば、
入ってくるお金、出ていくお金、
このやりくりが「資金繰り」ですね。

が、多くの社員はそんなこと、考えたこともありません。
“お金は常にあるもの”
“会社は常にあるもの”
と信じて疑いませんし、疑問にさえ思いません。

お代を回収できてこその、売上です。
いくら多くの売上債権が生じても、回収できなければ、
大損なのです。
「資金繰り」が成り立たず、経営難に陥ります。
回収する責任は、現場にあるのです。

会社は「資金繰り」で動いている。
この事実を各社員に認識させねばなりません。
そのためには、行動させることが必要です。

毎月、売上債権の入金遅れがないか報告させる。
遅れていたら状況を逐一報告させる。
また、管理者はチェックする。

これができている会社は、
やはり回収モレがほとんどありません。
あっても、長引くことがないのです。

売上が上がるのはPL(損益計算書)で、
お金が入るのはBS(貸借対照表)です。

BS(貸借対照表)発想の社員が多いほど、
「資金繰り」に強い会社なのです。

« 食中毒予防の三原則って何ですか? | トップページ | スカイプのテレビ会議を活用せよ! »

財務・会計・キャッシュフロー」カテゴリの記事

コメント

BSとPLとのバランス感覚ってなかなか難しいですよね。

私も、前職の営業時代、BSを理解し活動していたかっていうと、恥ずかしながら未収と仕掛かり状況の確認はしていましたが、付帯作業のように感じていました。

客先が官公庁や大手企業で手形処理等は無かったから焦げ付きは皆無でしたので、そんな感覚だったんでしょうね。

事業拡大して売上が増加しても、資金繰りが上手くいかないことっていっぱいありますよね。

この仕事をさせてもらってからは、BSみてからPLになっています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165409/42125865

この記事へのトラックバック一覧です: 資金繰りを知らない社員たち:

« 食中毒予防の三原則って何ですか? | トップページ | スカイプのテレビ会議を活用せよ! »

おすすめブログ

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

最近のトラックバック