サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 福岡雄吉郎の最新刊
    好評発売中! 「社長の賢い節税」(著:福岡雄吉郎、発行:日本経営合理化教会) 社長が賢い節税をせずして、会社にも、社長にも、お金を十分に残すことはできません。数々の現場での、あっと驚く事例をもとに、お金を残すための具体策を、余すところなく披露します。

福岡雄吉郎 出版記念セミナーのお知らせ!

  • 福岡雄吉一郎 出版記念セミナーのお知らせ
    「社長の賢い節税」出版を記念とした、税務対策セミナーです。 5月25日(大阪)、28日(東京)にて開催します。 ゲスト講師も登壇予定です。 詳細は追って連絡いたします。 主催:日本経営合理化協会

相続対策セミナーのお知らせ

  • 相続対策セミナーのお知らせ
    2021年度の日程が決定しました。6月8日(火)東京・オンライン、6月22日(火)大阪。 主催:日本経営合理化協会 詳細は追ってご連絡いたします。

古山喜章CD お金が残る決算書「100の打ち手」発売!

  • お金が残る決算書「100の打ち手」発売!
    1話5分完結で全100話収録! 会社を強くする決算書にするための具体策を、節税対策、銀行対策、危機対応、業種別対策など、7つの側面から、実例を交えて語ります。 移動時・在宅時などのすきま時間に、ぜひご活用ください。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« B/S面積グラフから考えてみよう⑦ | トップページ | 請求明細書のデータ化が進みつつある »

2011年9月21日 (水)

最近の起業の動向 (その3)

ICOの森垣英和です。

起業なり新規分野進出なり事業を開発する場合、大きく4つの方法があります。
竹薮型開発、雑木林型開発、亀の甲型開発、落下傘型開発。

竹薮型開発とは、地表での竹は1本づつが独立して見えますが根を掘ると地中で繋がっている。
過去の顧客や技術などの関連でのビジネス開発です。

雑木林型開発は、それぞれ独立した木、松、杉、桜など1本づつは関係ない。
衣料品メーカーがレストランをやったり、金型メーカーが塾をやるなど、それぞれのビジネス間には何の関係ないというような開発です。

亀の甲型は自社の甲の一辺から次のビジネスを展開、病院が介護ビジネス、老人ホームをやるようなケースで竹薮型と似ています。

落下傘型は過去の事業経験など関係なく全く異質な事業に飛び降りる、例えば、フランチャイズに参加するような場合です。

さて、起業を決意し実行に移す際、起業家は多くの問題に取り組まねばなりません。
前出の「起業に関する実態調査」では、起業時、起業後の課題、問題として以下のものをあげています。

(起業時の課題)
①資金調達         54.9%
②質の高い人材の確保 37.2%
③起業に伴う各種手続き 28.1%
④販売先の確保      24.5%
⑤仕入先の確保      23.0%

(起業後の課題)
①質の高い人材の確保  55.7%
②資金調達          39.8%
③販売先の確保       29.8%
④参入の市場の競争激化 22.4%
⑤経営知識の修得     19.5%

起業時の最大課題の資金調達の方法としては、
1)自己資金 71.8%
2)配偶者、親族からの出資金、借入金 25.1%
3)公的機関、政府系金融機関の助成金、借入金 17.0%
4)友人や知人からの出資金、借入金 12.0%
4)地方銀行からの借入金 12.0%
6)事業に賛同してくれた個人、法人からの出資金、借入金 11.9%

昔から言われているように3F(Founder,Family,Friends)が資金調達の主流ですが、地方公共団体を含む公的機関、金融からの調達が20.2%もあり起業の有力な資金調達源となっています。
しかし、逆の見方では8割の起業では公的支援を活用していないということです。
公的支援を知らない、手続きが面倒というのが公的支援を活用していない理由と言われていますが勿体ない話です。

中小企業庁の起業、新規事業への支援、助成施策としては
1、新創業融資制度
2、女性・若者、シニア起業家支援資金
3、新事業活動促進支援事業
4、経営革新支援事業

などがあり、その他、雇用面、研究開発面などの助成、支援の制度もありうまく活用すべきと思われます。

« B/S面積グラフから考えてみよう⑦ | トップページ | 請求明細書のデータ化が進みつつある »

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最近の起業の動向 (その3):

« B/S面積グラフから考えてみよう⑦ | トップページ | 請求明細書のデータ化が進みつつある »

おすすめブログ

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック