サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 福岡雄吉郎の最新刊
    好評発売中! 「社長の賢い節税」(著:福岡雄吉郎、発行:日本経営合理化教会) 社長が賢い節税をせずして、会社にも、社長にも、お金を十分に残すことはできません。数々の現場での、あっと驚く事例をもとに、お金を残すための具体策を、余すところなく披露します。

福岡雄吉郎 出版記念セミナーのお知らせ!

  • 福岡雄吉一郎 出版記念セミナーのお知らせ
    「社長の賢い節税」出版を記念とした、税務対策セミナーです。 5月25日(大阪)、28日(東京)にて開催します。 ゲスト講師も登壇予定です。 詳細は追って連絡いたします。 主催:日本経営合理化協会

相続対策セミナーのお知らせ

  • 相続対策セミナーのお知らせ
    2021年度の日程が決定しました。6月8日(火)東京・オンライン、6月22日(火)大阪。 主催:日本経営合理化協会 詳細は追ってご連絡いたします。

古山喜章CD お金が残る決算書「100の打ち手」発売!

  • お金が残る決算書「100の打ち手」発売!
    1話5分完結で全100話収録! 会社を強くする決算書にするための具体策を、節税対策、銀行対策、危機対応、業種別対策など、7つの側面から、実例を交えて語ります。 移動時・在宅時などのすきま時間に、ぜひご活用ください。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« B/S面積グラフから考えてみよう⑧ | トップページ | 食中毒予防の三原則って何ですか? »

2011年9月28日 (水)

最近の起業の動向 (その4)

ICOの森垣英和です。

商売柄、「何か確実に儲かる商売はありませんか?」
「有望な新ビジネスはおまへんか?」とよく質問されることがありますが、「必ず儲かる有望な商売があったら、人に言う前に私がやってますがな」と笑いながら答えることが多くあります。

今やっているビジネスの将来性がない、
大儲けできなくても何か新しい良い商売はないか?
中小企業の多くの経営者が思うところではないでしょうか。

既存事業をベースに新しい事業に参入、業種転換を図る転業も広い意味での起業と考えられます。
業種によってちがいますが、毎年2~3%の企業が業種転換を図っています。
転業の目的、動機としては
①企業の更なる成長をめざす・・・49.0%
②既存事業の売上不振、
  収益低下の補填・・・ 39.7%
③事業多角化の一環・・・36.1%
④既存市場の飽和、
  成熟により将来性がない・・・32.2%
⑤既存事業が陳腐化し将来性がない・・・26.4%

全転業のうち、積極的に新しい分野への能動的転換が45.0%、
追い込まれ事業転換を図る受動的転換が55.0%と、
ほぼ半々に近い数値になっています。

私のお手伝い先の建設関連(生コン、砕石業)の会社では、建設マーケットの半減(ピークの83.8兆円が2011年予測43.2兆円)、特に公共事業に依存した部分が多いので売上が激減しました。
何か新しいビジネスにより売上、収益を確保せねば、企業存続が厳しい状況が続いていました。
そこへ、今年の3月11日の東日本大震災で地盤液状化現象が各地で発生、本業の砕石を使っての地盤改良マーケットに参入しました。

今までの地盤改良は、セメント、鋼管を柱状杭にして地中に埋めてその上に建物を建てる工法が主流。
その工法ですと、地層の境目のせんだん力の強さの違いによって地中で杭が折れ、家の重さに耐え切れなくなり家が傾いたり、沈んだりすることもあります。
その会社は、FC契約でセメント、鋼管に代わり砕石を筒状の穴に入れ液状化を防ぐ工法を導入しました。
地中の砕石の柱で、地震の揺れを吸収し、砕石が水を通過させて水圧を逃がして液状化を防ぐことが出来るという画期的な工法で、工事期間、コスト的にもメリットのあるものでした。
まだ大きな業績の柱にはなっていませんが、受注はきわめて好調に推移しています。

この会社の新規事業のポイントとしては
・事業参入のタイミング(大震災による潜在需要の顕在化)
・本業の関連化、本業の活用(砕石の活用、過去の販売先の建設会社からの受注)
・技術をFCで外部から導入(参入のスピード性)
・社内の機器、人材の活用(投資が少なくてすむ)

などですが、せっかく取り組んだ事業は成功させなければなりません。
新規事業の3割は10年で消え、20年で半分に減ります。
この事業の展開に全力をあげて支援してゆきたいと思います。

« B/S面積グラフから考えてみよう⑧ | トップページ | 食中毒予防の三原則って何ですか? »

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最近の起業の動向 (その4):

« B/S面積グラフから考えてみよう⑧ | トップページ | 食中毒予防の三原則って何ですか? »

おすすめブログ

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック