サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 福岡雄吉郎の最新刊
    好評発売中! 「社長の賢い節税」(著:福岡雄吉郎、発行:日本経営合理化教会) 社長が賢い節税をせずして、会社にも、社長にも、お金を十分に残すことはできません。数々の現場での、あっと驚く事例をもとに、お金を残すための具体策を、余すところなく披露します。

福岡雄吉郎 出版記念セミナーのお知らせ!

  • 福岡雄吉一郎 出版記念セミナーのお知らせ
    「社長の賢い節税」出版を記念とした、税務対策セミナーです。 5月25日(大阪)、28日(東京)にて開催します。 ゲスト講師も登壇予定です。 詳細は追って連絡いたします。 主催:日本経営合理化協会

相続対策セミナーのお知らせ

  • 相続対策セミナーのお知らせ
    2021年度の日程が決定しました。6月8日(火)東京・オンライン、6月22日(火)大阪。 主催:日本経営合理化協会 詳細は追ってご連絡いたします。

古山喜章CD お金が残る決算書「100の打ち手」発売!

  • お金が残る決算書「100の打ち手」発売!
    1話5分完結で全100話収録! 会社を強くする決算書にするための具体策を、節税対策、銀行対策、危機対応、業種別対策など、7つの側面から、実例を交えて語ります。 移動時・在宅時などのすきま時間に、ぜひご活用ください。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 人事制度の限界 ①職能要件書を活用しているか? | トップページ | アイテムを増やしたい誘惑 »

2011年9月 7日 (水)

企業の生産性(1)

みなさん、こんにちわ。ICOグループの内藤です。


9月に入りすっかり秋の景色になりましたね。

秋といえば読書、実り、食欲・・・・などが思い浮かびますが、スポーツも真っ盛りです。

最近、毎日のようにサッカーの日本代表戦があり、ついついTVやインターネットのニュースが気になっています。

「サムライ」と「なでしこ」の違いはあっても、日本の代表が必死に戦っている姿を見ると、ついつい応援してしまいます。


私も小さいころからスポーツが大好きですが、サッカーに限らずスポーツを見ていると、いつも企業経営に通じるものを感じてしまいます。

もちろん、スポーツと企業経営とは存在意義もルールも全く違うのですが、それぞれのチームが目標を明確にして、メンバーが切磋琢磨して能力を高め、役割分担を明確にしてチームプレーに徹する姿は、両者に通じる共通点だと思います。

スポーツでは個々の力とチームプレー、自分たちの強みを活かす作戦(戦術)が勝負を分ける鍵だと思いますが、企業経営では競合先と「経営戦略」による「生産性」の戦いをしているのではないでしょうか?

最適な経営戦略のもとで、経営資源を無駄なく活用しながら、より効率的に価値を生み出す企業が勝ち残っているのです。


それではしばらく、この「生産性」について考えていきたいと思います。

生産性とは「Output(算出)/Input(投入)」のことで、これを高めていくには、Input(投入)項目である経営資源(ヒト・モノ・カネなど)を整理・整頓し、Output(算出)項目である付加価値を創造していかなければなりません。

私はこれを「経営の3S」と呼んでいます。

この時注意することは、まずはInput(投入)項目である経営資源(ヒト・モノ・カネ・情報・時間など)を整理・整頓することから始め、ムダを省いてシェイプアップしたのちにOutput(算出)項目である付加価値の創造にすすむのです。

ムダを抱えたままですと、何かしようとしても重くて素早く動けません。

まずは、整理・整頓してムダを捨て去ることからスタートなのです。


具体的な生産性の指標には、下記のようなものがあります。


<ヒトの生産性>

・労働生産性 = 付加価値額/従業員数(円/人)

・人時生産性 = 付加価値額/延べ労働時間(円/人時間)

・人件費生産性 = 付加価値額/人件費×100(%)

・労働分配率 = 人件費/付加価値額×100(%)

  ・・・・・・など。


<モノの生産性>

・労働装備率 = 付加価値額/有形固定資産×100(%)

・棚卸資産粗利益率 =(売上総利益/棚卸資産)×100(%)

・棚卸資産回転率 = 売上高/棚卸資産(回)

  ・・・・・・など。


<カネの生産性>

・総資産経常利益率=経常利益/総資産×100(%)

・当座資産回転率= 売上高/当座資産(回)

  ・・・・・・など。

 
これらの指標を見ながら、まずは、ヒトを整理・整頓し、モノを整理・整頓し、カネの整理・整頓をするのです。

今日も支援先の経営会議があり、徹底してムダを省くための検討をしてきました。


「社員はムダな時間を空費していないか?」

「人材配置にムダはないか?」

「ムダな固定資産・投資はないか?」

「在庫は適切か?」

「不良在庫はないか?」

「不要な借入金はないか?」

「ムダに金利を払っていないか?」


この企業では、ここ数年継続して取り組んでいるため、自己資本比率が70%を超えています。


毎日、毎週、毎月、毎年・・・・。

手を抜かずに取り組むことが必要です。


毎日のトレーニングが強靭な個々の力を付け、チームの力を向上させるのです。

トレーニングをサボれば、すぐに結果となって現れてきます。

スポーツも経営も同じです。

次回から、生産性についてさらに具体的にお話をしていきたいと思います。

« 人事制度の限界 ①職能要件書を活用しているか? | トップページ | アイテムを増やしたい誘惑 »

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 企業の生産性(1):

« 人事制度の限界 ①職能要件書を活用しているか? | トップページ | アイテムを増やしたい誘惑 »

おすすめブログ

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック