サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 福岡雄吉郎の最新刊
    好評発売中! 「社長の賢い節税」(著:福岡雄吉郎、発行:日本経営合理化教会) 社長が賢い節税をせずして、会社にも、社長にも、お金を十分に残すことはできません。数々の現場での、あっと驚く事例をもとに、お金を残すための具体策を、余すところなく披露します。

福岡雄吉郎 出版記念セミナーのお知らせ!

  • 福岡雄吉一郎 出版記念セミナーのお知らせ
    「社長の賢い節税」出版を記念とした、税務対策セミナーです。 5月25日(大阪)、28日(東京)にて開催します。 ゲスト講師も登壇予定です。 詳細は追って連絡いたします。 主催:日本経営合理化協会

相続対策セミナーのお知らせ

  • 相続対策セミナーのお知らせ
    2021年度の日程が決定しました。6月8日(火)東京・オンライン、6月22日(火)大阪。 主催:日本経営合理化協会 詳細は追ってご連絡いたします。

古山喜章CD お金が残る決算書「100の打ち手」発売!

  • お金が残る決算書「100の打ち手」発売!
    1話5分完結で全100話収録! 会社を強くする決算書にするための具体策を、節税対策、銀行対策、危機対応、業種別対策など、7つの側面から、実例を交えて語ります。 移動時・在宅時などのすきま時間に、ぜひご活用ください。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« B/S面積グラフから考えてみよう⑩ | トップページ | 災害による原状回復費用の扱い »

2011年10月17日 (月)

デイサービス施設 「夢のみずうみ村」訪問

古山喜章です。

顧問先の医療・介護スタッフとともに、
山口県でデイサービスセンターを運営している、
社会福祉法人 夢のみずうみ村 を訪問しました。

NHKの「プロフェッショナル」という番組でも紹介されてたので、ご存じの方もおられるでしょう。

湯田温泉駅からタクシーで約15分、
山あい、というか、ほぼ山のなか、
にある感じです。

で、平日は90人~120人が集まる、
という、集客人数でいうと大規模の施設です。

毎日、約20台の送迎車がフル活動しているとか。
Dsc_0274

建物は、こんな感じです。
Dsc_0276

もう少し近づくと、こうです。
Dsc_0275

そうです。
ほぼ、トタンのような、壁なのです。
なので、建物はとても安上がりです。

山のなかですから、勾配があり、
広い建物のあちらこちらが坂道になっています。
一番長い通路はこんな具合です。
Dsc_0280

写真を見て気づいた方もおられるでしょうが、
長い廊下に手すりがまったくありません。
この施設は、“バリアフリー”ではなく、
“バリアアリー”だそうです。

しかも、スタッフが少なく、
利用者はみなさん、自分で何かをされています。
一日のやりたい予定を自分で考え、
スタッフの手助けを得ずに、
自分の意思で行動するのです。

どうしても必要な部分のみ、
スタッフがお手伝いをされています。

これが、
この施設に利用者が集まる理由のようです。
通常の介護施設では、
危なくないように手助けをしたり、
やりたくもないお遊戯を全員でさせてみたり、
本人の意思よりも、安全性や、
スタッフ側の効率性を重視しがちです。

でもそれは、顧客である利用者のニーズに
合っていないのではないか、という疑問から、
現状のサービスに到達したそうです。

その分、さまざまなリスクはついて回ります。
しかし、
それを恐れると、施設の差別化はできません。
リスクを背負いつつ、真の顧客のニーズに向き合う、
という姿勢を感じさせてくれる介護施設でした。

« B/S面積グラフから考えてみよう⑩ | トップページ | 災害による原状回復費用の扱い »

中小企業探訪」カテゴリの記事

コメント

古山さんも「夢のみずうみ村」に行かれましたか。

私どもも以前より興味があり、施設見学に法人職員が2名参加をさせていただきました。

日本中にある介護施設の中でも、殆どの方が判る差別化をしている代表例。

現在は、FC化にも力をいれています。

今後、ますます進行する高齢社会に一石を投じる施設であることは間違いありません。

ここの施設の課題は2つ。

開設され10年以上が経過し、代表の藤原氏が前面に立ち引っ張ってきましたが、今後のストーリーを引き継ぐ人材育成

毎日100名前後のお客様が来るのに、収支の改善が見えず、藤原氏の講演活動等で補填をしている状況からの脱却

この二点を改善しない限り、継続ある経営は開けてきません。

古山さん、九州の熊本でも明確な差別化をされている「ピュア・サポート・グループ」(http://ourakai.com/)がありますよ。ここは、女性が理事長をされる医療・介護のグループで、「おとなの学校」というくもん学習療法等の学習に力を入れているグループです。船井総研とタイアップしてFC化を進めたり、経営にも厳しく参考になる施設だと思います。

私も何回かお邪魔をさせていただき、いろいろなことを吸収させていただきています。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デイサービス施設 「夢のみずうみ村」訪問:

« B/S面積グラフから考えてみよう⑩ | トップページ | 災害による原状回復費用の扱い »

おすすめブログ

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック