サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 福岡雄吉郎の最新刊
    好評発売中! 「社長の賢い節税」(著:福岡雄吉郎、発行:日本経営合理化教会) 社長が賢い節税をせずして、会社にも、社長にも、お金を十分に残すことはできません。数々の現場での、あっと驚く事例をもとに、お金を残すための具体策を、余すところなく披露します。

福岡雄吉郎 出版記念セミナーのお知らせ!

  • 福岡雄吉一郎 出版記念セミナーのお知らせ
    「社長の賢い節税」出版を記念とした、税務対策セミナーです。 5月25日(大阪)、28日(東京)にて開催します。 ゲスト講師も登壇予定です。 詳細・お申込みはこちらから。 主催:日本経営合理化協会

相続対策セミナーのお知らせ

  • 相続対策セミナーのお知らせ
    2021年度の日程が決定しました。6月8日(火)東京・オンライン、6月22日(火)大阪。 主催:日本経営合理化協会 詳細&お申し込みはこちらから。

古山喜章CD お金が残る決算書「100の打ち手」発売!

  • お金が残る決算書「100の打ち手」発売!
    1話5分完結で全100話収録! 会社を強くする決算書にするための具体策を、節税対策、銀行対策、危機対応、業種別対策など、7つの側面から、実例を交えて語ります。 移動時・在宅時などのすきま時間に、ぜひご活用ください。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 内部統制の見直し | トップページ | デジタル処理のシステム化に驚きます »

2012年1月 6日 (金)

B/S面積グラフから考えてみよう⑲

古山喜章です。

~減価償却の知恵 その1~
 “見積二段階のワザ”

設備投資をすると、固定資産に計上されます。
で、その耐用年数に応じて減価償却を行います。
つまり、年々落ちてゆく価値を損金計上し、
固定資産が少しずつ減ってゆくわけですね。

建物、機械設備、器具備品、等々、
その設備に応じた耐用年数が定められています。
早い年数のものもあれば、
長い年数のものもあります。

償却を早くし、少しでも早く固定資産を少なくしたい!
総資産を小さくしたい!
と考えておられる経営者は、ここでも知恵を発揮します。

例えば、次のようなB/Sの会社が、建物を建てた場合。
Mensekirei201

この財務状況から、
手持ちの現預金を半分減らして、建物を建てたとしましょう。
その場合、
建物本体は勘定科目が建物となり、
照明設備、空調設備は建物附属設備となります。
その場合、普通に計上したらこんな感じになるとしましょう。
Mensekirei202

さぁ、ここからです。
建物は鉄骨鉄筋で38年償却、
建物附属設備の照明・空調は15年償却です。
知恵のある経営者は、見積時から手を打ちます。

建物の見積りの場合、必ず、
最後に“お値引”というものが登場します。
その見積書をそのまま使えば、
建物と附属設備から値引きを按分して資産計上します。

しかし、知恵のある経営者は、
その値引き額が確定した後、もう一度、
その値引額を全部、建物から引いた金額の見積書を、
業者に作成させます。

おわかりでしょうか?
見積りを二段階で考えるのです。
そうして、償却年数の長い建物の金額を、
できるだけ小さくします。
逆に、償却年数の短い附属設備の金額を大きくします。
これぞ、見積二段階のワザ、です。

わかりやすく面積グラフで表せば、こんな感じになります。
Mensekirei204_2

設備投資をするにしても、
できるだけ早く償却できるように、
というB/S発想がないと、このような知恵は生まれません。

総資産をできるだけ小さくして、財務体質の強い会社にしたい、
という強い思いを感じるワザなのです。

« 内部統制の見直し | トップページ | デジタル処理のシステム化に驚きます »

B/S面積グラフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: B/S面積グラフから考えてみよう⑲:

« 内部統制の見直し | トップページ | デジタル処理のシステム化に驚きます »

おすすめブログ

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック