サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 福岡雄吉郎の最新刊
    好評発売中! 「社長の賢い節税」(著:福岡雄吉郎、発行:日本経営合理化教会) 社長が賢い節税をせずして、会社にも、社長にも、お金を十分に残すことはできません。数々の現場での、あっと驚く事例をもとに、お金を残すための具体策を、余すところなく披露します。

福岡雄吉郎 出版記念セミナーのお知らせ!

  • 福岡雄吉一郎 出版記念セミナーのお知らせ
    「社長の賢い節税」出版を記念とした、税務対策セミナーです。 5月25日(大阪)、28日(東京)にて開催します。 ゲスト講師も登壇予定です。 詳細は追って連絡いたします。 主催:日本経営合理化協会

相続対策セミナーのお知らせ

  • 相続対策セミナーのお知らせ
    2021年度の日程が決定しました。6月8日(火)東京・オンライン、6月22日(火)大阪。 主催:日本経営合理化協会 詳細は追ってご連絡いたします。

古山喜章CD お金が残る決算書「100の打ち手」発売!

  • お金が残る決算書「100の打ち手」発売!
    1話5分完結で全100話収録! 会社を強くする決算書にするための具体策を、節税対策、銀行対策、危機対応、業種別対策など、7つの側面から、実例を交えて語ります。 移動時・在宅時などのすきま時間に、ぜひご活用ください。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« B/S面積グラフから考えてみよう (25) | トップページ | 笑顔の不思議 »

2012年2月27日 (月)

従業員の帰属意識を高める

古山喜章です。

トップがハンドルを大きく右や左にきったとき、
スムーズに動く会社と動かかない会社があります。
つまり、
ハンドルが軽い会社と、重い会社があるわけですね。
軽い会社は、機敏に動き、スピード感があります。
重い会社は、その逆です。

大きな舵取りをしたときにスピード感のある会社は、
特に中堅社員以下、アルバイトに至るまでの方々の、
会社に対する帰属意識が強いですね。

じゃあその帰属意識というのは何か?
どうやったら強くなるのか?ということです。

帰属意識というのは、
自分の所属する会社がしていることを好きかどうか、
業績や動向に関心があるかどうか、
ということではないでしょうか。
少なくとも、
会社のことに無関心でありながら、帰属意識が高い、
という人はおりません。

で、帰属意識を高めるにはどうすればよいか。
まずは、
その会社の基本的な考え方、理念や原点となるもの、
言わば社会の中でのお役立ちを、共有できていることが、
必要となるでしょう。

そして、会社の業績やライバルのことを認識しており、
社内であっても、自分の業務と他部署の繋がりや、
各部署の取組やそこで働く人がどのような人たちなのか、
互いに理解しあっている、ということが求められます。
業績をわかりやすく開示することも必要でしょう。

その為に、
社内報や社内行事、社内研修などが有効となります。
人が多い会社ほど、このようなことをおろそかにしないことです。
様々な変化に対応する力やスピードが大切な今、
末端に至るまでの帰属意識をいかに高められるかが、
大きなポイントとなりそうです。

« B/S面積グラフから考えてみよう (25) | トップページ | 笑顔の不思議 »

組織・体制」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 従業員の帰属意識を高める:

« B/S面積グラフから考えてみよう (25) | トップページ | 笑顔の不思議 »

おすすめブログ

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック