サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 古山喜章の最新刊
    「社長の決算書の見方・読み方・磨き方」(著:古山喜章、発行:日本経営合理化協会)税込み15,660円 銀行対策、税務対策など、会計事務所任せではできない決算対策の実務を網羅した一冊!決算対策の新・バイブルです!

好評発売中!

  • 井上和弘の最新刊
    「承継と相続 おカネの実務」(著:井上和弘、発行:日本経営合理化協会) 税込14,580円。 著者の長年にわたる指導体験をもとに、オーナー社長の承継と相続対策の実務を惜しみなく著した、他の誰にも書けない、渾身の一冊です。

井上和弘次回セミナーのお知らせ!

  • 井上和弘次回セミナー日程のお知らせ
    平成30年3月7日(水)東京・13日(火)大阪にて、「事業承継の実務」をテーマに開催します。 主催:日本経営合理化協会 詳細・お申し込みは、こちらから。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 高齢者のi-Pad活用 | トップページ | カリスマ性は必要か? »

2012年5月11日 (金)

残存簿価は1円になっていますか?

古山喜章です。

先日、ある企業の償却資産台帳を見ていると、
耐用年数期間を数年前に終えているのに、なぜか、
いまだに毎年、減価償却費が発生している、
という機械などがあるのを見つけました。

??????
これはいったいどういうことなのか?
経理担当者に尋ねても、???という様子です。
で、過去の台帳などを見ていると、
ようやくわかりました。

平成19年の税制改正で、減価償却は残存簿価1円まで、
可能になりましたね。
その際、耐用年数を終えて簿価が計上されている償却資産を、
残存簿価1円にまで償却する、という経理処理を行ったわけです。
もちろん、キャッシュフローをよくするためです。

ところがその会社では、その当時の残存簿価を、
一気に1円にするのではなく、
10年かけて定額で償却してゆく、という処理をしていたのです。
つまり、
耐用年数を終えて、取得価額の5%になっていた償却資産を、
さらに10年の定額法で、減価償却する、
という、実に気の長い処理を行っていたのです。

だから、耐用年数を終えている資産なのに、
毎年、減価償却費が発生していたのです。

なぜ、そのような処理をしていたのか、今のところは不明です。
そのような方法で進めた税理士事務所の意図が、
まったくもって理解できません。
担当企業のキャッシュフローのことなど、なにも考えていないのだと
思えてしかたがないのです。

償却資産台帳をじっくり見る機会、
というのはあまりないかもしれませんが、
上記のような不可解な処理がされていないかどうかは、
チェックをしておきたいものですね。

« 高齢者のi-Pad活用 | トップページ | カリスマ性は必要か? »

財務・会計・キャッシュフロー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165409/45211046

この記事へのトラックバック一覧です: 残存簿価は1円になっていますか?:

« 高齢者のi-Pad活用 | トップページ | カリスマ性は必要か? »

おすすめブログ

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

最近のトラックバック