サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 古山喜章の最新刊
    「社長の決算書の見方・読み方・磨き方」(著:古山喜章、発行:日本経営合理化協会)税込み15,660円 銀行対策、税務対策など、会計事務所任せではできない決算対策の実務を網羅した一冊!決算対策の新・バイブルです!

好評発売中!

  • 井上和弘の最新刊
    「承継と相続 おカネの実務」(著:井上和弘、発行:日本経営合理化協会) 税込14,580円。 著者の長年にわたる指導体験をもとに、オーナー社長の承継と相続対策の実務を惜しみなく著した、他の誰にも書けない、渾身の一冊です。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 舞台装置の減価償却 | トップページ | B/S面積グラフから考えてみよう (32) »

2012年5月 8日 (火)

出張手当の活用

古山喜章です。

営業マンがいる会社で、基本的に出張が多い、
という会社があります。
そこで、「出張手当はいくらくらいですか?」
と尋ねる機会があります。
1日あたり1000円~3000円程度、
ということが多いですね。

どちらかと言えば、経営側は、手当を下げたい、
という意向が強いように思えます。
しかし、
出張手当というものを、もっとうまく活用できないでしょうか?

出張手当は、給料手当ではなく、旅費交通費です。
本人にとって、給与所得ではありません。
なので、税金がかかりません。

と、給与ではありませんから、
社会保険料の算定基準に該当しません。
なので、法定福利費が下がります。
これは、本人にとっても、会社にとってもプラスです。

ならば、出張が多いとわかっている営業マンの場合、
給料部分を下げて、出張手当を高くすればよいのです。
そうすれば、
本人は税金、社会保険料が下がって手取り額が増え、
会社は法定福利費が下がる、
ということが可能になります。
もちろん、出張旅費規程はしっかり定めないといけません。

募集をかける際は、出張手当の概算を表記すればよいのです。
中小規模の会社なら、
このようなことは十分可能なのではないでしょうか?

出張手当というメリットのあるものを、
もっと活用できる余地のある会社が、多いように感じます。

« 舞台装置の減価償却 | トップページ | B/S面積グラフから考えてみよう (32) »

節税対策&決算対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165409/45177850

この記事へのトラックバック一覧です: 出張手当の活用:

« 舞台装置の減価償却 | トップページ | B/S面積グラフから考えてみよう (32) »

おすすめブログ

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック