サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 古山喜章の最新刊
    「社長の決算書の見方・読み方・磨き方」(著:古山喜章、発行:日本経営合理化協会)税込み15,660円 銀行対策、税務対策など、会計事務所任せではできない決算対策の実務を網羅した一冊!決算対策の新・バイブルです!

好評発売中!

  • 井上和弘の最新刊
    「承継と相続 おカネの実務」(著:井上和弘、発行:日本経営合理化協会) 税込14,580円。 著者の長年にわたる指導体験をもとに、オーナー社長の承継と相続対策の実務を惜しみなく著した、他の誰にも書けない、渾身の一冊です。

井上和弘次回セミナーのお知らせ!

  • 井上和弘次回セミナー日程のお知らせ
    平成30年6月5日(火)東京・27日(水)大阪にて、「高収益を稼ぎ出す、社員・組織の作り直し方」をテーマに開催します。 主催:日本経営合理化協会 詳細は改めてお知らせします。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 数字を従業員に開示する | トップページ | 継続は力、であるがマンネリに注意 »

2012年5月24日 (木)

資金繰りは日繰りで考える

古山喜章です。

お金には、入ってくる日と出てゆく日があります。
毎月の何日にお金の出入りがあるかで、
手元に用意しておきたい資金の調達が変わってきます。

例えば、
毎月末に入ってくる金額が多く、
同様に、出てゆく金額も毎月末が多い、
というケースがあります。

どちらも月末なら何も問題ないように思えますが、
銀行振込の手続きなどをしようとすると、
振込日の数日前に手続きをしなければならず、
その時点で振込分の資金が必要となります。

また、入金口座と出金口座が異なる場合もあり、
月末入金の月末支払だと、
どうしても運転資金を余分に抱えてしまいます。

このことは、
資金繰り表を月次で見ているだけでは、わかりません。
わかっているのは、財務担当者だけです。
資金繰りを日繰り単位で見れば、
この問題が明確になります。

で、
回収日を数日間早めるか、支払日を数日間遅くするか、
ということに取り組めばよいのです。

最初のケースだと、回収日が20日や25日になれば、
入金後に支払いの段取りきができ、資金繰りが楽になります。
さらに、余分な現預金を持つ必要がなく、
月末の現預金残高も小さくなります。
つまり、年度末なら総資産を、
少しでも小さくすることができるのです。

回収と支払のバランスが、
効率の良い日取りで組まれているか、
気になる方は確認してみてください。

« 数字を従業員に開示する | トップページ | 継続は力、であるがマンネリに注意 »

財務・会計・キャッシュフロー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165409/45375087

この記事へのトラックバック一覧です: 資金繰りは日繰りで考える:

« 数字を従業員に開示する | トップページ | 継続は力、であるがマンネリに注意 »

おすすめブログ

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック