サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 古山喜章の最新刊
    「社長の決算書の見方・読み方・磨き方」(著:古山喜章、発行:日本経営合理化協会)税込み15,660円 銀行対策、税務対策など、会計事務所任せではできない決算対策の実務を網羅した一冊!決算対策の新・バイブルです!

好評発売中!

  • 井上和弘の最新刊
    「承継と相続 おカネの実務」(著:井上和弘、発行:日本経営合理化協会) 税込14,580円。 著者の長年にわたる指導体験をもとに、オーナー社長の承継と相続対策の実務を惜しみなく著した、他の誰にも書けない、渾身の一冊です。

井上和弘次回セミナーのお知らせ!

  • 井上和弘次回セミナー日程のお知らせ
    平成30年3月7日(水)東京・13日(火)大阪にて、「事業承継の実務」をテーマに開催します。 主催:日本経営合理化協会 詳細・お申し込みは、こちらから。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 経営不安の種 | トップページ | チケット売場の完全システム化 »

2012年6月18日 (月)

中小企業のリース資産は計上しなくてよい

古山喜章です。

決算書を見せていただくと、貸借対照表に、
「リース資産」が計上されている会社と、
されていない会社があります。

結論から言えば、中小企業の場合、
計上する必要がありません。

計上している決算書の会社の方にお聞きすると、
「“会計基準が変わって計上しなければいけなくなった”と、
決算処理をお願いしている税理士さんが言ってました」
というお答えが返ってきます。

あるいは、
「“大企業がそうなったから、
 中小企業もそうしておいたほうがよい”
と、税理さんに言われました」
といケースもあります。

確かに、
平成20年に「新リース会計基準」が適用されました。
しかし、その対象義務となるのは、今のところ、
上場企業や、会計監査人を設置する企業に限られています。

そのことを知らない人が処理したのか、それとも、
いずれ中小企業もそうなるのだから今のうちに、
ということなのでしょうか。

しかし、リース資産を計上すれば、
左側の固定資産に「リース資産」、
右側の固定負債に「リース負債」
が計上されることとなり、総資本が増えるのです。

そうなれば、
自己資本比率が下がる、
総資本回転率が下がる、
総資本経常利益率(ROA)が下がる、
と、銀行格付けに関わる多くの指標が悪化します。

もし決算書にリース資産が計上されているなら、
担当の税理士さんに、
「総資産が増えて銀行格付けが悪くなるから外してほしい」
と言ってみてください。

その返答次第で、
中小企業は計上しなくてもよいことを、
知っているのか、知らないのか、がわかると思いますよ。

いずれにしても、リース資産を計上しないようにし、
総資産は小さくしておきたいですね。

« 経営不安の種 | トップページ | チケット売場の完全システム化 »

財務・会計・キャッシュフロー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165409/45642767

この記事へのトラックバック一覧です: 中小企業のリース資産は計上しなくてよい:

« 経営不安の種 | トップページ | チケット売場の完全システム化 »

おすすめブログ

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

最近のトラックバック