サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

相続対策セミナーのお知らせ

  • 相続対策セミナーのお知らせ
    相続対策セミナーの日程が決定しました。 6月26日(水)東京、6月28日(金)大阪 主催:日本経営合理化協会 講師:古山喜章、福岡雄吉郎 詳細&お申し込みは改めてお知らせいたします。

ICO新刊発売のお知らせ!

井上和弘「経営革新全集」10巻完結記念講演会 CD発売!

  • 井上和弘「経営革新全集」10巻完結記念講演会 CD発売!
    2023年7月に開催され大好評を得た、井上和弘の記念講演セミナーを完全収録!全集のエッセンスを凝縮してお届けします! 移動中などにお聞きいただき、学びを深めてください。 動画でも視聴できるよう、購入者専用アクセスコードも入っております。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« B/S面積グラフから考えてみよう(38) | トップページ | アナログ企業 九つの大罪 ② »

2012年7月17日 (火)

アナログ企業 九つの大罪 ①

古山喜章です。

多くの企業を訪れていると、
IT化が進んでいる企業と、遅れている企業があります。
IT化が遅れているということは、
結局、人件費を中心として、余計なコストがかかります。
経営にとっては罪であるのに、経営者には、罪の意識があまりない。
これが困りものなのです。

いくつかの項目で、その罪名を見てみましょう。
Anarogunotumi

~①連絡手段  罪名:連絡遅延罪 ~

連絡手段が、未だに電話・ファックス中心の企業があります。

メールで携帯やスマホに送れば、会議中であろうと、
内容を確認することができます。
ところが、電話だと、そのときに受けなければならず、
出れない場合、かけなおしたりするので、時間がかかります。
また、ファックスだと、その受信場所にいない限り、
その内容を知るのは、時間が経過してからになります。

電話・ファックスが中心になると、
何かと、連絡内容が伝わるまでに、時間がかかるのです。
連絡が早いほど、対処が必要な場合に早く動くことができます。
連絡が遅れると、それだけで対応も遅れます。

当の本人たちはさほど不便を感じていないものの、
メールが当たり前になっている他社の者からすれば、
連絡のとりずらい会社、と映ります。

また、メールは使っているが、会社当てのアドレスだけ、
あるいは、一部の人だけが使っている、というケースもあります。
この場合も、伝えたい相手に伝わるまでに、時間がかかりますね。
全員が個人アドレスを持ち、全社的な運用が根付いて初めて、
連絡のスピードアップ、という効果を発揮するのです。

ファックスや携帯電話と言えば、80年代、90年代に普及した、
ビジネスツールです。
それ以上進んでいない、ということは、この連絡遅延罪は、
IT化遅れ約20年の刑に値する、といったところですね。

携帯、スマホ、タブレット、デスクトップ、ノートブック、等々。
メールは全てのツールで活用できます。
連絡を早くしたいなら、
それらのツールを最大限に活用すればよいだけなのです。

« B/S面積グラフから考えてみよう(38) | トップページ | アナログ企業 九つの大罪 ② »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アナログ企業 九つの大罪 ①:

« B/S面積グラフから考えてみよう(38) | トップページ | アナログ企業 九つの大罪 ② »

2024年 ご挨拶動画

おすすめブログ

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック