サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

相続対策セミナーのお知らせ

  • 相続対策セミナーのお知らせ
    相続対策セミナーの日程が決定しました。 6月26日(水)東京、6月28日(金)大阪 主催:日本経営合理化協会 講師:古山喜章、福岡雄吉郎 詳細&お申し込みは改めてお知らせいたします。

ICO新刊発売のお知らせ!

井上和弘「経営革新全集」10巻完結記念講演会 CD発売!

  • 井上和弘「経営革新全集」10巻完結記念講演会 CD発売!
    2023年7月に開催され大好評を得た、井上和弘の記念講演セミナーを完全収録!全集のエッセンスを凝縮してお届けします! 移動中などにお聞きいただき、学びを深めてください。 動画でも視聴できるよう、購入者専用アクセスコードも入っております。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« アナログ企業 九つの大罪 ④ | トップページ | セミナー「資産と資金の新常識」終了しました »

2012年7月24日 (火)

アナログ企業 九つの大罪 ⑤

古山喜章です。

IT化が遅れている企業は、
それだけで人件費や諸経費が増えてしまいます。

Anarogunotumi

~⑤社内決裁  罪名:決裁延滞罪 ~

どこの会社でも、社内の決裁や稟議というものがあります。
ここでも、iT化されているかどうかで、大きな違いがあります。
IT化が進んでいる企業では、電子媒体で稟議書や決済願を回覧します。
そして、捺印も電子印鑑で行います。
なので、最終決裁までのスピードが格段に速いのです。
遅れていれば、誰のところで停滞しているか、すぐに確認できます。

IT化が遅れている会社では、
まず、稟議書や決裁願が紙媒体です。
さすがに手書きはほぼ絶滅していますが、
ワードやエクセルで起案者が作成している場合が多いですね。
で、起案者が主管部署に提出して受理され、
捺印欄の順番に、稟議書が回ってゆきます。

すぐに回覧されればよいのですが、そう簡単にはいきません。
どこかで止まることが多々あります。
そうなると、どこで止まっているのか、探し回ります。
怪しいのは、出張中の人物や、デスクの上が書類だらけの人物です。
で、すぐに見つかればよい方で、結局行方がわからず、
同じものを再発行する、などと言う場合もあります。

〝決裁を早く回せ!〟と社長に言われたものの、
「いやぁ、結局はいつも社長の捺印待ちなんですよ」
という声を聞くこともあります。

とにかく、紙媒体で稟議を回せば、決裁まで時間がかかるのです。
加えて、回覧・捺印が遅れないように管理部門がチェックし、
回覧を終えた稟議書をファイリング・保管する、という手間が発生します。
〝○○の稟議書を見せてくれ〟と言われたら、探し出すのがまた手間です。

電子媒体の回覧システムや電子捺印システムなら、
誰がいつ捺印したかの記録が残ります。
出張先でも海外でも、ネットワーク環境さえあれば、すぐに閲覧できます。
コメントを容易に書き込めたり、差し戻しすることも簡単です。
見たい稟議書は、検索すれば各自ですぐに閲覧できます。

回覧システムや電子捺印システムが、
低コスト化されて普及し始めたのは、2005年くらいからです。
ということは、決裁延滞罪は、IT化遅れ7年の罪に値する、
といったところですね。

決裁が速いということが、経営において重要なことは、
経営者なら誰もが承知しているはずです。
ならば、このようなシステムを活用し、
経営スピードを上げればよいのです。

« アナログ企業 九つの大罪 ④ | トップページ | セミナー「資産と資金の新常識」終了しました »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アナログ企業 九つの大罪 ⑤:

« アナログ企業 九つの大罪 ④ | トップページ | セミナー「資産と資金の新常識」終了しました »

2024年 ご挨拶動画

おすすめブログ

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック