サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 古山喜章の最新刊
    「社長の決算書の見方・読み方・磨き方」(著:古山喜章、発行:日本経営合理化協会)税込み15,660円 銀行対策、税務対策など、会計事務所任せではできない決算対策の実務を網羅した一冊!決算対策の新・バイブルです!

好評発売中!

  • 井上和弘の最新刊
    「承継と相続 おカネの実務」(著:井上和弘、発行:日本経営合理化協会) 税込14,580円。 著者の長年にわたる指導体験をもとに、オーナー社長の承継と相続対策の実務を惜しみなく著した、他の誰にも書けない、渾身の一冊です。

井上和弘次回セミナーのお知らせ!

  • 井上和弘次回セミナー日程のお知らせ
    平成30年6月5日(火)東京・27日(水)大阪にて、「高収益を稼ぎ出す、社員・組織の作り直し方」をテーマに開催します。 主催:日本経営合理化協会 詳細は改めてお知らせします。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 営業マン 「7つの悪習慣」① | トップページ | IT化が進まないワケ③ »

2012年8月29日 (水)

銀行サマサマ病 迷言集⑤

古山喜章です。

経営者と接していると、
過去の経験からか、
「銀行に助けてもらった」、
「ずっと借りているから今も貸してくれる」という
思いを強く持っている方が結構おられます。
その経験から、まさに、“銀行サマサマ病”が抜けきれず、
銀行に対して、非常に慎重な発言をされます。

「これがあるから貸してくれるんですよ!」

銀行の株式を資産として大量に保有し、その一方、
負債には、その金額に相当する借入金を抱えている。
そんな経営者の迷言です。

“資金繰りが苦しいのに、売ってしまえばいいじゃないですか”
と進言したときに、この迷言が出てくるのです。

はっきりいって、株を売ったからといって、
銀行の存在をおびやかすほどの株数ではありません。
銀行に取ったら、どうってことのない、取るに足らない株数です。

“ウチの銀行の株を保有してくれているから、
融資をしてあげよう”
そのような判断で融資を判断する銀行は皆無でしょうね。
いくら株を持っていようが、返済能力がないと判断されれば、
つまり、スコアリングで格付けされれば、
銀行はカネなど貸してくれません。

スコアリングの項目にも、定性要因の項目にも、
銀行株式の保有に関する評価項目は、一切ないのです。

しかし、銀行サマサマ病の経営者は、
そのように信じ切っていますから、
怖くて怖くて、株を売却することが進みません。
で、結局、またその上に、さらなる借入をしてしまうのです。
“無借金になったら次は借りれない”
どうやらそのように自己暗示がかかっているかのようです。

銀行にとったら、ホント、ありがたいお客さんです。
悪い自己暗示から早く解放され、
スッキリと保有株式を売り払い、
何の役にも立たないムダな資産を、減らしてほしいものです。

« 営業マン 「7つの悪習慣」① | トップページ | IT化が進まないワケ③ »

銀行交渉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165409/46853953

この記事へのトラックバック一覧です: 銀行サマサマ病 迷言集⑤:

« 営業マン 「7つの悪習慣」① | トップページ | IT化が進まないワケ③ »

おすすめブログ

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック