サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

相続対策セミナーのお知らせ

  • 相続対策セミナーのお知らせ
    相続対策セミナーの日程が決定しました。 6月26日(水)東京、6月28日(金)大阪 主催:日本経営合理化協会 講師:古山喜章、福岡雄吉郎 詳細&お申し込みは改めてお知らせいたします。

ICO新刊発売のお知らせ!

井上和弘「経営革新全集」10巻完結記念講演会 CD発売!

  • 井上和弘「経営革新全集」10巻完結記念講演会 CD発売!
    2023年7月に開催され大好評を得た、井上和弘の記念講演セミナーを完全収録!全集のエッセンスを凝縮してお届けします! 移動中などにお聞きいただき、学びを深めてください。 動画でも視聴できるよう、購入者専用アクセスコードも入っております。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« オリンピック化を図れ! | トップページ | 自動精算機の進化 »

2012年8月 1日 (水)

アナログ企業 九つの大罪 ⑦

古山喜章です。

IT化が遅れている企業は、
それだけで人件費や諸経費が増えてしまいます。

Anarogunotumi

~⑦受発注  罪名:確認作業多発罪 ~

先般、マクドナルドが全店舗での発注業務を自動化する、
という記事が発表されていました。
飲食業、小売業など、多店舗展開している企業にとって、
受発注業務は毎日発生する、事務作業のひとつです。
各店舗で発生する業務ですから、
効率が悪いとそれだけで、業績を圧迫する要因となります。

IT化が進んでいる企業は、自動発注により、
店舗での作業軽減ができています。
完全自動発注までゆかずとも、PCや通信機器を使い、
過去データや在庫データから参考発注データを導き、
修正入力のみする、という半自動発注になっている、
という企業が多いですね。

ところが、いまだにファックスや電話が主体、という企業もあります。
発注者が、紙の発注書に日付や数量を記入する、
一覧表にないものは、空白欄に品名を書いて数値を記入する、
という、ふた昔ほど前の方法を、いまだに見かけるのです。
この場合、受ける側がまず大変です。

数量を書き間違えている、
単位を書き間違えている、
別の商品の記入欄に書いてしまっている、
単純な計算を間違えている、
日付を間違えている、
数字が汚くて“1”ともとれるし“7”とも読める、
などなど、まあいろいろと不具合が発生します。
その都度、店舗に電話をして確認をします。
とにかくいちいち、確認の電話をすることになるのです。

送る側も大変です。
各店舗の発注時間が同じ時間帯に偏るため、
ファックス送信してもなかなか繋がらず、
ファックスの前で送信を確認できるまで、
何度も送信ボタンを押し続けていたりします。
送信を確認するまでに、時間がかかるのです。

結局、
送る側も受ける側も、確認の時間がやたらと発生するのです。
それを正社員がやっているとしたら、膨大なコストロス、ですね。

受発注が手書き&ファックスでなく、電子化が普及し始めたのは、
1990年代初めころです。
ということは、この受発注による、“確認作業多発罪”は、
IT化遅れ約20年の罪に値する、ということですね。

まだまだ半自動だという企業は、早く完全自動化にすることです。
人が考えるより、機械が考えたほうが、結局は精度が高い、
ということが往々にしてあるのです。

« オリンピック化を図れ! | トップページ | 自動精算機の進化 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アナログ企業 九つの大罪 ⑦:

« オリンピック化を図れ! | トップページ | 自動精算機の進化 »

2024年 ご挨拶動画

おすすめブログ

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック