サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 古山喜章の最新刊
    「社長の決算書の見方・読み方・磨き方」(著:古山喜章、発行:日本経営合理化協会)税込み15,660円 銀行対策、税務対策など、会計事務所任せではできない決算対策の実務を網羅した一冊!決算対策の新・バイブルです!

好評発売中!

  • 井上和弘の最新刊
    「承継と相続 おカネの実務」(著:井上和弘、発行:日本経営合理化協会) 税込14,580円。 著者の長年にわたる指導体験をもとに、オーナー社長の承継と相続対策の実務を惜しみなく著した、他の誰にも書けない、渾身の一冊です。

古山喜章 出版記念セミナーのお知らせ

井上和弘次回セミナーのお知らせ!

  • 井上和弘次回セミナー日程のお知らせ
    平成30年6月5日(火)東京・27日(水)大阪にて、「高収益を稼ぎ出す、社員・組織の作り直し方」をテーマに開催します。 主催:日本経営合理化協会 詳細は改めてお知らせします。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« オリンピックに学ぶ(1) ~評価と納得性~ | トップページ | アナログ企業 九つの大罪 ⑨ »

2012年8月 8日 (水)

銀行サマサマ病 迷言集②

古山喜章です。

高齢の経営者と接していると、
過去の経験からか、「銀行に助けてもらった」という
思いを強く持っている方が結構おられます。
その経験から、まさに、“銀行サマサマ病”が抜けきれず、
銀行に対して、非常に慎重な発言をされます。

「あの銀行にはお世話になったから、
 多少の無理は聞いてあげないと・・・。」

3月末や9月末、
銀行から一時的な借入を依頼された経営者の迷言です。
毎年どこかで聞きますね。
ある事例では、その迷言を言い放つ経営者が、
なんと83歳でした。

どう考えても、その社長にお世話をした銀行の方は、
その銀行にはもういないでしょうね。

銀行もそういう部分に弱い経営者であることを心得ていますから、
 「いやぁ、御社とは長くお取引をさせていただいており、
  当行一同、本当にいつも感謝しております。」
などということをおっしゃります。

しかし今や、銀行の各支店には、支店長の裁量で、
融資を決める権限はありません。
ほぼ全て、決算書をもとに本店で決定される、格付け、
いわゆる“スコアリング”によって、
融資するかしないか、
融資枠はいくらまでか、が決定されるのです。
支店長との人間関係が影響する余地は、一切ないのです。

つまり、
支店長が社長自身のためにお役に立とうと思っても、
融資をしてあげようとしても、そんなことはできない時代なのです。
権限がないのですから。

銀行から何かを依頼されたなら、こちらは交換条件を出せばよいのです。
仕入れ業者に対してしていることと、同じことをすればよいのです。
それができず、
銀行からのお願い事を、ただ受け入れているだけでは、
銀行にとってそれこそ、別の意味で、
“ありがたいお客様”、ということになるでしょうね。

« オリンピックに学ぶ(1) ~評価と納得性~ | トップページ | アナログ企業 九つの大罪 ⑨ »

銀行交渉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165409/46606304

この記事へのトラックバック一覧です: 銀行サマサマ病 迷言集②:

« オリンピックに学ぶ(1) ~評価と納得性~ | トップページ | アナログ企業 九つの大罪 ⑨ »

おすすめブログ

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック