サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

相続対策セミナーのお知らせ

  • 相続対策セミナーのお知らせ
    相続対策セミナーの日程が決定しました。 6月26日(水)東京、6月28日(金)大阪 主催:日本経営合理化協会 講師:古山喜章、福岡雄吉郎 詳細&お申し込みは改めてお知らせいたします。

ICO新刊発売のお知らせ!

井上和弘「経営革新全集」10巻完結記念講演会 CD発売!

  • 井上和弘「経営革新全集」10巻完結記念講演会 CD発売!
    2023年7月に開催され大好評を得た、井上和弘の記念講演セミナーを完全収録!全集のエッセンスを凝縮してお届けします! 移動中などにお聞きいただき、学びを深めてください。 動画でも視聴できるよう、購入者専用アクセスコードも入っております。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 大きさよりも強さが大切 | トップページ | 後継塾 第6講 テーマ「新事業・新商品開発」 »

2012年9月20日 (木)

B/S面積グラフから考えてみよう(48)

古山喜章です。

さまざまなオフバランス①
~土地を売却する~ その3

その2の記事で、
土地を売却した資金で、長期借入金の一部を返済した場合の、
面積グラフの変化と経営指標の変化を解説しました。
では、さらにその後はどうなるのでしょうか?
前回までの面積グラフに、さらにその後のグラフを追加しました。
このような感じです。
Mensekirei49

前回は、上図3のグラフまでを解説しました。
今回追加したのは、4と5のグラフです。
経営者の方々が気にされるのは、
「税前利益でそんなに赤字を出して、剰余金はすぐ元に戻るんですか?」
ということです。

結論、
本業が前年並みなら、数年で元に戻ります。
考えてみてください。
土地売却による特別損失が増え、税前利益が減れば、
税金としてのキャッシュアウトが減るわけです。
(ここが見落とされがち、なのです。)

なので、4のグラフでは、節税によって、現預金が増えました。
そしてその分、剰余金も増えています。
で、その後、5のグラフで、短期借入金を返済しました。
外部調達は残り、長期借入金のみです。

結果、5のグラフでは、
自己資本比率は50%、
ギヤリング比率も50%となりました。
(自己資本比率は100%に近いほどよく、
 ギヤリング比率は、100%以下にしておきたいのです。)

経営指標は、3のときよりも、5のときのほうが、
良くなっているのです。
が、よくわからない方にとっては、ここで
「なんでこうなるのか、不思議ですねぇ・・・」
となります。

やはり、キャッシュフローベースで総資産を見るよう、
速く切り替えてほしいですね。
で、増えてきた現預金を、
“繰り上げ借入返済の原資とする”
“売場磨き、売りモノ磨きに特化して、資金を集中させる。”
ということなのです。

とにかく、
あっという間の2~3年で、財務状況は一変します。
そのためには、何らかのオフバランスを仕掛けることが、
自社にとっては、体質転換へのプラス要素となるのです。

« 大きさよりも強さが大切 | トップページ | 後継塾 第6講 テーマ「新事業・新商品開発」 »

B/S面積グラフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: B/S面積グラフから考えてみよう(48):

« 大きさよりも強さが大切 | トップページ | 後継塾 第6講 テーマ「新事業・新商品開発」 »

2024年 ご挨拶動画

おすすめブログ

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック