サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 古山喜章の最新刊
    「社長の決算書の見方・読み方・磨き方」(著:古山喜章、発行:日本経営合理化協会)税込み15,660円 銀行対策、税務対策など、会計事務所任せではできない決算対策の実務を網羅した一冊!決算対策の新・バイブルです!

好評発売中!

  • 井上和弘の最新刊
    「承継と相続 おカネの実務」(著:井上和弘、発行:日本経営合理化協会) 税込14,580円。 著者の長年にわたる指導体験をもとに、オーナー社長の承継と相続対策の実務を惜しみなく著した、他の誰にも書けない、渾身の一冊です。

井上和弘次回セミナーのお知らせ!

  • 井上和弘次回セミナー日程のお知らせ
    平成30年6月5日(火)東京・27日(水)大阪にて、「高収益を稼ぎ出す、社員・組織の作り直し方」をテーマに開催します。 主催:日本経営合理化協会 詳細は改めてお知らせします。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 本気の交渉術 ① | トップページ | 本気の交渉術 ② »

2012年9月27日 (木)

デューデリ、ってなんですか?

古山喜章です。

この最近、M&Aについて質問を受ける機会が増えてきました。
もちろん、買う側からの質問です。
そのときに、一番多いのは、
“買う時の値段って、どうやって決めるんですか?”
という質問です。

で、
“まず、相手先のデュー・デリをするんですよ”
というと、ほとんどの場合、
“えっ、デュー・デリって、なんですか?”
となります。

略してデュー・デリと言ってますが、
正しくは、デュー・デリジェンス、です。
Due Diligence と書きます。
Dueは、“正当な”“当然の”という意味があり、
Diligenceは、“勤勉”“努力”という意味があります。
なので、直訳すると、“正当な努力”などとなり、
なんだかイマイチ、ピンと来ないですね。

もともと、
上場時の審査などで、開示される企業情報が法律に合致しているか、
精査するという意味でできた、法律用語だとか。
そこから転じて、M&Aの際に、相手先の投資価値を精査する際に、
使われるようになったようです。

デュー・デリジェンスもさまざまですが、
まずは貸借対照表をもとに、財務面の中身を精査してゆきます。
各科目の、現時点での価値はいくらなのか、をはじき出してゆくのです。
当然、自社ではできないでしょうから、監査法人や税理士法人など、
専門に請け負う機関にお願いをして、精査してゆくのです。

しかしこれは、“売りたい”“買いたい”の双方の意思の、
基本合意がなされて初めて、できることです。
“あの会社を買いたいけれど、いくらくらいだろう?”
という段階ですることではないのです。

この手順を誤ると、まとまる話しもまとまらなくなります。
値段を気にする前に、相手の意思を確認する必要があるのです。

ちなみに、M&Aは、Merger(合併)とAcquisition(買占め)で、
企業買収の総称として用いられてます。
いやはや、難しいです。

« 本気の交渉術 ① | トップページ | 本気の交渉術 ② »

事業承継・M&A」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165409/47197373

この記事へのトラックバック一覧です: デューデリ、ってなんですか?:

« 本気の交渉術 ① | トップページ | 本気の交渉術 ② »

おすすめブログ

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック