サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

相続対策セミナーのお知らせ

  • 相続対策セミナーのお知らせ
    相続対策セミナーの日程が決定しました。 6月26日(水)東京、6月28日(金)大阪 主催:日本経営合理化協会 講師:古山喜章、福岡雄吉郎 詳細&お申し込みは改めてお知らせいたします。

ICO新刊発売のお知らせ!

井上和弘「経営革新全集」10巻完結記念講演会 CD発売!

  • 井上和弘「経営革新全集」10巻完結記念講演会 CD発売!
    2023年7月に開催され大好評を得た、井上和弘の記念講演セミナーを完全収録!全集のエッセンスを凝縮してお届けします! 移動中などにお聞きいただき、学びを深めてください。 動画でも視聴できるよう、購入者専用アクセスコードも入っております。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« P/LとB/Sはどう繋がっているのか? | トップページ | 名士と呼ばれるのも考えものです »

2012年10月27日 (土)

企業で起こる不正⑤

福岡雄吉郎です。

今回は、倉庫で起こった不正を紹介します。

医薬品を扱う東北地方のA社では、
取り扱うアイテム数が膨大であり、
日常業務が多忙である、などといった理由で
年に1回しか、棚卸が行われていませんでした。

日常業務では、担当者ごとにエリアが割り当てられ、
棚卸の際も、「普段のエリアを担当したほうが早いから」と、
同じ担当者が同じエリアを長期間にわたって、担当していました。

ある年の年度末の直前に、
長年倉庫担当だったBさんが、
交通事故にあって、入院してしまいました。
やむなく、別の人間がBさんのエリアを担当することになりました。

そして、棚卸のときに、
あるはずの在庫の一部が、保管されていないことが分かりました。
実はBさんが、横領して横流ししていたのです。

Bさんは、同じエリアを10年以上担当していました。
これまでの棚卸の際も、そのエリアをBさんが担当していたため、
横領は発覚しなかったのです。

今回の事例をふまえると、
倉庫での横領を防止するには、
・倉庫担当者を定期的に移動させること
・棚卸を毎月行うこと
・棚卸の際には、普段のエリアと別のエリアを担当させること
・本社の経理、総務スタッフが棚卸を手伝うこと
などが、対策として考えられます。

A社では、棚卸が年に1回しか行われていませんでした。
「棚卸は全品やる必要があるため、
年に1度か、半期に1度しかできない」と考えている会社があります。

取扱アイテム数が膨大であれば、
・エリアを区切る
・売れ筋商品から行う
など、循環させて棚卸を行えば、
現場の負担も少なく済みます。

棚卸は、
・売上原価を確定させるため
・滞留商品を把握するため
以外に、不正防止、発見の観点からも重要です。

棚卸をこまめに行うようにすると、
最初は手間も時間もかかるかもしれません。
しかし、次第にスムーズに行えるようになり、
日頃から、整理整頓のクセが身に付くようになります。

A社のような在庫管理を行っている会社は、
棚卸の方法などについて、
一度検討してみてはいかがでしょうか。

« P/LとB/Sはどう繋がっているのか? | トップページ | 名士と呼ばれるのも考えものです »

社内不正」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 企業で起こる不正⑤:

« P/LとB/Sはどう繋がっているのか? | トップページ | 名士と呼ばれるのも考えものです »

2024年 ご挨拶動画

おすすめブログ

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック